広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

1月の広告界ニュースダイジェスト:世界の広告費成長率予測ほか

電通イージス・ネットワーク 世界の広告費成長率を予測

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は1月16日、世界59カ国・市場からデータを収集し、世界の広告費成長率予測を発表した。

世界の広告費成長率は、中央および東ヨーロッパを除く世界各地で成長がやや鈍化したことに伴い、2017年は2016年対比で低下する見込み。一方で、2018年は世界の広告市場の3分の1を占める北米をはじめ、アジアパシフィックやラテンアメリカが上向くことから、2017年を上回る3.6%の成長となる。総広告費は5895億ドルと予測。

成長の背景には、デジタル広告のさらなる拡大と、「2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック競技大会」「2018FIFAワールドカップ・ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントによる貢献がある。

国別で見ると、2018年の成長率の傾向は一様ではない。例えば米国、ドイツ、インドでは大きく伸びる一方、英国、ロシア、中国では減速が予測される。日本は、緩やかで安定的な経済成長に伴い、2018年には1.6%になる見通し。

広告費のデジタルシフトは、今後も継続する。世界のデジタル広告費の成長率は2017年の15.0%に引き続き、2018年も12.6%と二桁成長が続くと予測 …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの
1月の広告界ニュースダイジェスト:世界の広告費成長率予測ほか(この記事です)
対岸の火事ではない、品質管理問題
1月の広告界ニュースダイジェスト:JAGDA賞ほか
インバウンド誘致で地域振興に取り組む地方紙
平昌オリンピック NHK・民放の計画
アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり
「4K 徳島国際映画祭」に参加しての注目のイベントをピックアップ
イベントに期待する初夢。明るい希望のある未来へ
プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み
新聞各社で進む「働き方改革」
OOHメディアを活用した家電製品の実証広告
W杯ロシア大会の放送試合発表
広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する