広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

山手線の広告貸切電車で「箱根駅伝」の魅力を訴求

2017年12月18日から2018年1月2日まで、日本テレビは、JR山手線の新型車両の広告貸切電車「E235系ADトレイン」を使って「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」の番組宣伝を行った。

山手線52編成のうち、1編成の車内にある多くの広告媒体を1社独占で使った展開だ。注目したのは中づり部分に大学名の入った「たすき」がかけられていたことだ(写真1・2)。左から青山学院大学、東洋大学、早稲田大学とシード校が前回の成績順に、帝京大学からは予選会の通過順に出場20校と関東学生連合チームが並べられていた。たすきの材質は厳密には本物と同じではないようだが、高精度の印刷が可能な厳選した布の素材でリアリティがある。

写真1・2 箱根駅伝に出場する各校のたすきがかけられた中づり広告。

1枚の布に21チーム並んだ状態で印刷し、たすきとたすきの間をレーザーで切り抜いて1本1本作成したとのことだ。駅伝は「たすき」を各区間でつないでいくスポーツだから全チームのたすきを紹介できればというところから生まれたそうだが、実に見事な着想で上手いOOHメディアの使い方だろう …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告(この記事です)
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの
1月の広告界ニュースダイジェスト:世界の広告費成長率予測ほか
対岸の火事ではない、品質管理問題
1月の広告界ニュースダイジェスト:JAGDA賞ほか
インバウンド誘致で地域振興に取り組む地方紙
平昌オリンピック NHK・民放の計画
アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり
「4K 徳島国際映画祭」に参加しての注目のイベントをピックアップ
イベントに期待する初夢。明るい希望のある未来へ
プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み
新聞各社で進む「働き方改革」
OOHメディアを活用した家電製品の実証広告
W杯ロシア大会の放送試合発表
広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する