広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり

アドミュージアム東京が大規模リニューアル

リニューアルしたアドミュージアム東京。

日本唯一の広告専門ミュージアムとして、2002年に開館した「アドミュージアム東京」が、開館15周年を迎えた2017年、初めて大規模なリニューアルを行った。リニューアルのコンセプトは「アナログとデジタルのハイブリッド」。これまでの展示内容を一新し、映像やデジタル展示も多く取り入れた。

館内は、エントランス&インフォメーション、常設展示室、企画展示室、ライブラリーの4エリアで構成される。常設展示室のコンテンツは、「ニッポン広告史」「視聴ブース『4つのきもち』」「コレクションテーブル」の大きく3つ。ニッポン広告史では「広告は社会と人間を映す鏡」をコンセプトに、江戸時代から現代までを6つの時代区分に分け、各時代を象徴する広告と関連資料を通して現代の広告のルーツをたどる。

消費者が選ぶ2017年で最も心に響いた広告が決定

日本アドバタイザーズ協会(JAA)は12月14日、「第56回JAA広告賞 消費者が選んだ広告コンクール」の受賞作品を発表した。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、Web、屋外・交通の6部門に今年は1337点の応募が集まった。

そのなかから112名の消費者審査員により、JAA賞グランプリと、経済産業大臣賞の計7点が選ばれた …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり(この記事です)
「4K 徳島国際映画祭」に参加しての注目のイベントをピックアップ
イベントに期待する初夢。明るい希望のある未来へ
プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み
新聞各社で進む「働き方改革」
OOHメディアを活用した家電製品の実証広告
W杯ロシア大会の放送試合発表
広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図
印刷・プロモーション業界は難しい舵取りを問われる局面へ
駅をショールームやポップアップストアに
本格化する「聞く」新聞
民放連、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で放映する主要種目発表
人工知能ビジネスの現状とVR/AR市場動向─CEATECのセッションから
第47回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞など入賞作品発表
広告業界 10月の注目ニュース早分かり、アドベリフィケーション推進協議会設立ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する