広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み

統合プロモーション戦略センター 坂井田稲之

さらに身近になるAIどう取り組むかが課題に

東京・新宿高島屋9階に、ロボット専門店「ロボティクススタジオ」がオープンし、話題になった。売り場コンセプトは「ロボットと人が共生する新たな暮らしの提案」ということだが、情報提供のみならず会話や連絡も取れるコミュニケーションロボット、あるいは洗濯物を入れるだけで折り畳んでくれるロボットなど約20種が取り扱われている。

AIスピーカーなどは、つい昨日までは“新聞記事”の話だと思っていたら、若い人たちの間には、結構入り込んでいる。

運転手の要らない自動運転タクシーの時代も、もう間近のようだ。ボルボがアメリカの配車サービス会社のウーバー・テクノロジーズに2019〜2021年に、2万4000台程の自動運転車を納めるという。

販促関連では、通販サイトでのページ閲覧時間やカーソルの位置などをAIが分析し商品推奨やクーポン提示を行う接客システムなどもかなり出回っている。

こうしたなか、当然ながらプロモーション業界でも、ビッグデータやAIにどう取り組むかが、課題にならざるを得ない。

とは言え、元々、プロモーション業界ではPOSデータやポイントカードで個々の購買者に紐づけられたIDーPOSデータなどの分析の歴史は古い。「棚割り計画システム」などは、ビッグデータやAIなどの言葉が一般化されるかなり以前から実用化されており、プロモーション業務とビッグデータやAIとの関連は深い。

海外例ではあるが、下表に見るように、ビッグデータ投資で、最も端的に成果が見られるのはコスト削減とイノベーションであるが、それに続き新製品・サービスの発売や売上増加という販促効果が挙げられている …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり
「4K 徳島国際映画祭」に参加しての注目のイベントをピックアップ
イベントに期待する初夢。明るい希望のある未来へ
プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み(この記事です)
新聞各社で進む「働き方改革」
OOHメディアを活用した家電製品の実証広告
W杯ロシア大会の放送試合発表
広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図
印刷・プロモーション業界は難しい舵取りを問われる局面へ
駅をショールームやポップアップストアに
本格化する「聞く」新聞
民放連、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で放映する主要種目発表
人工知能ビジネスの現状とVR/AR市場動向─CEATECのセッションから
第47回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞など入賞作品発表
広告業界 10月の注目ニュース早分かり、アドベリフィケーション推進協議会設立ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する