広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

1月の広告界ニュースダイジェスト:JAGDA賞ほか

2018年正月テレビCM本数 企業トップはダイハツ工業

ビデオリサーチは1月5日、2018年の正月の三が日に放映されたテレビCMの動向を発表した。企業別の本数トップは、前年2位だったダイハツ工業。タレント別では俳優の斎藤工、出川哲郎、桐谷美鈴がトップ3となった。

企業別では、1位のダイハツ工業に次いで、2位には前年16位の東建コーポレーション、3位には前年5位のバンダイナムコエンターテインメントがランクイン。また10位のスクウェア・エニックスは前年の85位から大幅にランクアップした。自動車メーカーやゲームメーカーがトップ10に多数ランクインする、近年の傾向は変わらなかった。

今年の正月三が日には、574社・1万1699本のテレビCMが関東地区で放映された。2017年のオンエア数は596社・1万1680本で、社数は微減、本数は微増という結果となった。

本調査は、同社グループのビデオリサーチコムハウスが、関東・関西・名古屋の各民放5局を対象にテレビCMのオンエア状況を調べる「テレビ広告統計」のデータを元に、2018年1月1日午前0時〜1月4日午前0時に関東地区(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)でオンエアされたテレビCMについてまとめたもの(速報値、番組宣伝などテレビ局のPRは除く) …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの
1月の広告界ニュースダイジェスト:世界の広告費成長率予測ほか
対岸の火事ではない、品質管理問題
1月の広告界ニュースダイジェスト:JAGDA賞ほか(この記事です)
インバウンド誘致で地域振興に取り組む地方紙
平昌オリンピック NHK・民放の計画
アドミュージアム東京が大規模リニューアル、広告業界1月のニュース早分かり
「4K 徳島国際映画祭」に参加しての注目のイベントをピックアップ
イベントに期待する初夢。明るい希望のある未来へ
プロモーション業務でのビッグデータ&AIへの取り組み
新聞各社で進む「働き方改革」
OOHメディアを活用した家電製品の実証広告
W杯ロシア大会の放送試合発表
広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する