広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

日本経済再生のカギはマーケティングにあり?

日本マーケティング学会事務局

世界のマーケティング・リーダーが集う

日本マーケティング学会の設立発起人の一人であり、現代マーケティングの父として今も世界中で活動を続けるノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院のフィリップ・コトラー教授の提唱で設立された「ワールド・マーケティング・サミット」。今年度の世界大会が、9月24、25日の2日間にわたり東京で2日間延べ2500人の聴衆を集めて開催された。

講師陣はコトラー教授をはじめ、日本マーケティング学会からは、設立発起人であるブランド論の世界的大家デービッド・アーカー教授、「マーケティング3.0」のヘルマワン・カルタジャヤ氏、日本を代表するマーケティング経営者のネスレ日本の高岡浩三社長兼CEO、YKKの吉田忠裕会長、エーザイの内藤晴夫CEOが登壇した。この他にも、ポジショニング論のアル・ライズ氏や統合マーケティング・コミュニケーション論のドン・シュルツ教授、サントリーホールディングスの新浪剛史社長など世界のマーケティングをリードするそうそうたるメンバーが集まり、成熟期を迎えた日本の課題をいかに克服して、企業と日本社会にさらなるダイナミズムをもたらすかを熱く討議した。

本稿では2日間にわたる議論の中から、コトラー教授が総括の中で語った「マーケティングカンパニー」のポイントをまとめてみたい。

講演の中で、コトラー教授は「どれくらいの人が、オープンに自分の会社を『マーケティングカンパニーだ』と言うことができるのでしょうか?」と語りかけた。そして…

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

21世紀のコンテンツクラスタ:コンテンツイノベーションプログラムとは?
仁川アジア競技大会の現実から学ぶべきこと
日本プロモーショナル・マーケティング協会展が開催
交通広告に見る動画表現の多様性
新聞広告大賞に集英社『ONE PIECE』ほか
日本民間放送連盟、共同で見逃し配信サービス検討
有力企業の広告費、前年比15%ほか
日本経済再生のカギはマーケティングにあり?(この記事です)
イベントと社会の距離についての意識調査
日本からアジアへどう出るか?クールジャパンとビジットジャパン
企業は「プロモーション企画費」をどう捉えるべきか
プロの技術を体験!OOH広告の可能性
海外メディアとの連携により新規顧客の獲得狙う
2016年から4K・8KのBS試験放送開始
日本マーケティング学会、新テーマでのワークショップを開催
地域の課題解決人材育てる「地域みらい大学」情報ほか
「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する