広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

日本民間放送連盟、共同で見逃し配信サービス検討

明石庸司

日本民間放送連盟の井上弘会長(TBSテレビ会長)は9月18日、在京キー5局が共同で、インターネットでの番組の見逃し配信サービスの提供を検討すると明らかにした。来年度にも実験的な運用開始を目指すとした。

放送のメディア価値の向上を目指して

見逃し配信サービスはテレビCMを含めた番組全体の無料配信を想定。CMスキップはできない仕組みで、広告主を募ることにより「新たなビジネスの方法がありえるのではないか」としている。

具体的な対象番組や配信期間、著作権処理、セールスへの影響などの詳細を今後詰めていき、「来年度には実験レベルで実施できれば」との意向を示した。違法動画への対策も合わせて実施するとしており、「権利者とも話し合い、利益をリターンしていきたい」としている。

背景には、テレビ番組のインターネット違法動画の増加がある。井上会長は「看過できない問題になっている」と指摘。また、VOD機器によるタイムシフト視聴の広がりもテレビ・コンテンツの価値が経済的価値に反映されない問題として挙げた。

テレビ局自らが、無料見逃し配信サービスを行うことで、視聴者はわざわざ動画を探す必要がなくなり、違法動画の視聴が駆逐される可能性がある。見逃し配信サービスに積極的な欧米の放送局では、日本ほど違法動画に頭を悩ませていないとの指摘もある。また、ドラマなどでは見逃しサービスにより、テレビ視聴の拡大につながる可能性もある。

CM出稿、料金設定
実現へは課題も

ただ、クリアすべき課題も多い。在京キー局はそれぞれ、ドラマやバラエティの見逃し配信やVOD配信に取り組んできている。

日本テレビは動画配信に加え…

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

21世紀のコンテンツクラスタ:コンテンツイノベーションプログラムとは?
仁川アジア競技大会の現実から学ぶべきこと
日本プロモーショナル・マーケティング協会展が開催
交通広告に見る動画表現の多様性
新聞広告大賞に集英社『ONE PIECE』ほか
日本民間放送連盟、共同で見逃し配信サービス検討(この記事です)
有力企業の広告費、前年比15%ほか
日本経済再生のカギはマーケティングにあり?
イベントと社会の距離についての意識調査
日本からアジアへどう出るか?クールジャパンとビジットジャパン
企業は「プロモーション企画費」をどう捉えるべきか
プロの技術を体験!OOH広告の可能性
海外メディアとの連携により新規顧客の獲得狙う
2016年から4K・8KのBS試験放送開始
日本マーケティング学会、新テーマでのワークショップを開催
地域の課題解決人材育てる「地域みらい大学」情報ほか
「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する