広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

企業は「プロモーション企画費」をどう捉えるべきか

日本プロモーショナル・マーケティング協会 坂井田稲之

制作ロットの縮小から企画・デザイン費の回収が急務に

業界全体で見ると、どうも景気がパッとしない。日本プロモーショナル・マーケティング協会調査(2013年度プロモーション業界実態調査)によると、売上が「対前年増(前年度より増えた)」と答えたところは37%で、「対前年減」は20%だった。この数字からは、何とも言い難い。

いずれにしても、明確なことは、かつてとは違い、制作ロットが大幅に減ったことだ。またその表裏の関係で、制作数量を基準にした「制作管理費」での収益形成依存が、極めて苦しくなっている。そのため、好むと好まざるとに関わらず、企画・デザイン料の回収が急務となっている。だが、実態は、依然として好転していない。

いかにして「企画作業内容」を具体的に示すか

旧来、プロモーション業界は ...

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

イベントと社会の距離についての意識調査
日本からアジアへどう出るか?クールジャパンとビジットジャパン
企業は「プロモーション企画費」をどう捉えるべきか(この記事です)
プロの技術を体験!OOH広告の可能性
海外メディアとの連携により新規顧客の獲得狙う
2016年から4K・8KのBS試験放送開始
日本マーケティング学会、新テーマでのワークショップを開催
地域の課題解決人材育てる「地域みらい大学」情報ほか
「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント
プロモーションサービスの実態と課題
指数と連動したOOH広告
中高生向け新聞や大学受験支援アプリ
テレビ情報アプリ、全国に対応へ
勉強会とのジョイント企画開催
雑誌広告効果の新指標他、業界ニュース
ドコモグループがDMP事業開始他、ピックアップニュース
テレビとネットの境界で

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する