広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

交通広告に見る動画表現の多様性

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

ヤクルト本社は、画面分割してテレビCMを入れたほか、一瞬で広告が分かるようにデザインした静止画を放映した。

交通広告を大量出稿

6月から7月にかけて、ヤクルト本社は、乳性飲料「ミルージュ」のリニューアル発売のキャンペーンで交通広告を行った。人気女優の川口春奈さんが「ゴキュン!と元気の味がする。」などとメッセージする印象的なものだ。この期間に集中的な出稿があったことから、電車内や駅で見た人も多かったに違いない。広告主によると、交通広告は多くの人が反復的に接触できるものであり、特に首都圏は人口も多いので、効率よく商品認知を高めるためにとても有効な媒体だと考えているそうだ。中づりやまど上、車内サイネージでもよく見たが、注目したのは多くの駅で実施していた駅サイネージの表現だ。

縦長画面にテレビCM

東急東横線・渋谷駅改札の外で、ヒカリエの入り口にあるサイネージでは…

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

21世紀のコンテンツクラスタ:コンテンツイノベーションプログラムとは?
仁川アジア競技大会の現実から学ぶべきこと
日本プロモーショナル・マーケティング協会展が開催
交通広告に見る動画表現の多様性(この記事です)
新聞広告大賞に集英社『ONE PIECE』ほか
日本民間放送連盟、共同で見逃し配信サービス検討
有力企業の広告費、前年比15%ほか
日本経済再生のカギはマーケティングにあり?
イベントと社会の距離についての意識調査
日本からアジアへどう出るか?クールジャパンとビジットジャパン
企業は「プロモーション企画費」をどう捉えるべきか
プロの技術を体験!OOH広告の可能性
海外メディアとの連携により新規顧客の獲得狙う
2016年から4K・8KのBS試験放送開始
日本マーケティング学会、新テーマでのワークショップを開催
地域の課題解決人材育てる「地域みらい大学」情報ほか
「たまたま」というテレビ革命
光と音のナイトランイベント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する