販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ゲームの真髄は、楽しく『何か』をさせること

杉浦 充(ADKマーケティング・ソリューションズ)

2020年4月号から始まった当連載も残り2回となりました。広告プランナーとして、ゲーマーとして、ゲームの魅力や今後を考えてきましたが、残り2回はプロモーション活用における「ゲームの真髄」をテーマに書きたいと思います。

“楽しく”何かをさせること

私が考えるゲームの真髄の1つは、“楽しく”何かをさせること。国内累計販売本数150万本を突破し、日本ゲーム大賞2020の優秀賞にも選出された『リングフィット アドベンチャー』はその最たる例でしょう。多くの人が苦手とする運動(筋トレ)に、ゲームの要素を入れて“楽しく”運動させることに成功しているといえます。

運動を数多くこなすと敵が倒せる。敵を倒すと自分のレベルが上がり、他の種目が解放される。他にも累計の運動量の可視化、オンラインで世界中のプレイヤーとのスコア比較⋯⋯など、その工夫は枚挙に暇がありません。ステイホーム期間でヒットしたともいわれていますが、単なる時流ではなく、運動にゲーム性を取り入れる設計が秀逸だからこそ売れたのだと思います。

商品を“楽しんで”知ってもらう

企業のプロモーションにもゲームは活用されています。2020年12月、BALENCIAGAは、2021年秋コレクションを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースに求める機能とは?
ゲームの真髄は、楽しく『何か』をさせること(この記事です)
ベンチャー企業が創るOOHの未来
舞台背景としてのサイネージ
待ち望まれた生理用ナプキンのパッケージ
ライブコマースコンテンツ制作の注意点
ついにゲームがインフラ(電力サービス)に切り込んだ
『金 (きん)』はいただきました。
ジオラマで「感じさせる」、商品特徴の伝え方
ガラス瓶に見るパッケージデザインのヒント
有料チケット配信サービスの行方
フルオンライン化で変わるゲームの祭典
進化を続けるタクシーサイネージ
印象に残る体験型施策とは
グランスタ東京はパッケージデザインの宝庫

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する