販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

彩りと物語を与えるメタファー

aibo Package


2年に1回、開催される「日本パッケージデザイン大賞」(主催=日本パッケージデザイン協会)の授賞式が1月31日に行われた。大賞に輝いたのは、ソニー「aibo(アイボ)」のパッケージだった。

パッケージデザインのアワードでは、応募を見ても受賞を見ても、コンビニやドラッグストア、百貨店などで売られている、一般消費財に類するものが多い。「aibo」のような耐久消費財のパッケージデザインが評価されるのは、それだけでめずらしいことだ。

ソニーが、ロボット犬「AIBO」(当時は大文字で表記した)を発売したのは1999年のことだった。2006年に生産を終えたが、以降も「AIBO」をかわいがる"飼い主"は少なくなかった。

小文字の「aibo」として復活したのは2017年。進化した意匠とAI(人工知能)を備え、より愛くるしい表情と、飼い主との関係性を学んでいく姿は、まさに心癒されるペットそのものだ …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

見ている人を見られるメディア
AIは、人間の何を代替しようとしているか
進化する、定番ツール
彩りと物語を与えるメタファー(この記事です)
AIは日本の小売業を救えるか?
売るものは、よりよい観劇体験
「自信あふれる濃厚さ」が秋冬パッケージトレンド
AI活用のカギとなるふたつの質問
訴求する場所は、まだまだ工夫できる
経験価値とパッケージデザイン
一人ひとりの感性をデジタル化し理解する
小さなスペースでも、実感させる
ブランド拡張と市場創造
消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する