販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

売るものは、よりよい観劇体験

ビックカメラ 双眼鏡売り場 選びのポイント訴求ツール


マーケティングの格言に「ドリルを買いに来た人が欲しいのは、ドリルではなく"穴"である」というものがある。買い物客はドリルという物ではなく、穴を空ける解決策を欲しているという例えであるが、普段の売り場でも商品訴求に活用されている考え方であると思う。例えば、ロボット掃除機や近年売り場が拡大しているメニュー専用調味料などは、可処分時間を増やすために「家事の時短」を解決策として示し、ヒット商品になっていると言える。

こうした売り場では商品知識が乏しくても商品選びに悩むことが少なくなる。商品の機能やスペックへの理解が不足していても、得たい効果などが明確であるからだ。このような訴求のためには、日ごろから商品研究や買い物客の観察などを積み重ねなくては、なかなか買い物客の求める解決策に至らないのではないかと思う。今回紹介する双眼鏡売り場の事例は、まさに買い物客の欲する解決策を形にした訴求方法の好例である …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

AIは日本の小売業を救えるか?
売るものは、よりよい観劇体験(この記事です)
「自信あふれる濃厚さ」が秋冬パッケージトレンド
AI活用のカギとなるふたつの質問
訴求する場所は、まだまだ工夫できる
経験価値とパッケージデザイン
一人ひとりの感性をデジタル化し理解する
小さなスペースでも、実感させる
ブランド拡張と市場創造
消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する