販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

訴求する場所は、まだまだ工夫できる

パナソニック デコルミナ 天井吊り下げツール


売り場でどのように商品を訴求するか。それを考えるとき、「売り場は(そもそも)こうあるべき」という固定観念から、企画を始めてしまうことがないだろうか。売り場についての知識が深い担当者ほど、いつの間にか既存の売り場づくりのルールに縛られてしまい、現状の課題に気づかないことが多い。逆に言えば、既存のルールを改めて見直すことが、新しい店頭ツールや売り場の改善を考えるヒントになる。

しかし、このルールの見直しが難しい。なぜなら、今や特に不満なく買い物ができる売り場がほとんどと思われるからだ。そのような売り場で課題を見つけようとしても、なかなか発見には至らないだろう。今回はそんな売り場で、新たな訴求方法を試みていた事例を紹介する。

パナソニックの装飾パネル付きLED電球「デコルミナ」は、住宅の天井にあるダウンライトに取り付けて、部屋の雰囲気を変えられる照明器具である。取り付けはとても簡単で、ダウンライトの電球を「デコルミナ」の専用LEDへ変えてカバーを取り付けるだけだ。さまざまな部屋に合わせたデザインを用意しており、自宅を手軽にイメージチェンジできる商品だ …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

AI活用のカギとなるふたつの質問
訴求する場所は、まだまだ工夫できる(この記事です)
経験価値とパッケージデザイン
一人ひとりの感性をデジタル化し理解する
小さなスペースでも、実感させる
ブランド拡張と市場創造
消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない
瞬時に理解させるジオラマ
販促パッケージとブランド
成果を出すAIをつくるのはヒト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する