販売促進の専門メディア

REPORT

「神泡」プロモーション軸に前年比101%の販売目指す

サントリーHD

サントリーHDは2月6日、「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドの戦略発表会を開催。ビール市場が前年比95%と縮小を続ける中、前年比100%の売り上げ維持に貢献した「"神泡"プロモーション」や、今後の取り組みについて説明した。2019年は「高価格」から「おいしさ」へと価値の転換を試みるという。

同日、旗艦店「神泡BAR」(東京・八重洲)の内覧会も開催。神泡の「ザ・プレミアム・モルツ」や"泡アート"のほかに期間限定のオリジナル商品も提供する。

厳しいビール業界 "泡"の付加価値で生き残り

サントリーホールディングスは2月6日、「ザ・プレミアム・モルツ」の戦略説明会を開催し、同9日には"神泡"のプロモーションとして「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドを提供する旗艦店「神泡BAR」(東京・八重洲)をオープンした。"神泡"とは、「ザ・プレミアム・モルツ」がビール固有の価値を高めるために素材・製法・注ぎ方によって実現したクリーミーな泡の名称だ。

昨年のビール市場は前年比95%と縮小。サントリーの山田賢治社長は「要因としては天候不順、人口減、若者のビール離れ、チューハイへの流出などが考えられる」と述べる。しかし「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドの販売実績は前年比100%を維持。「もはやビールは低価格だからと買い求められる時代ではなく、ブランドの付加価値を高めたビールの需要が増している。世界最高峰の醸造ビールを目指して2017年からスタートした"神泡"プロモーションが売り上げに貢献した」(山田社長)

2018年の"神泡"プロモーションは業務用と家庭用の両方で展開した。業務用は「ザ・プレミアム・モルツ」を神泡品質で提供する飲食店(全国3万5000店舗)で展開し、約2憶杯を提供。これは、非神泡提供店と比較し、102%の杯数にあたる。

「ザ・プレミアム・モルツ独自のきめ細かな"神泡"がおいしさを引き出す。泡とセットで提供してこそブランドの魅力が伝わる」(山田社長) …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

「神泡」プロモーション軸に前年比101%の販売目指す(この記事です)
アマノフーズのWebマガジン 月間100万PVに到達した理由
スポーツ業界のリーダー語る 業界を取り巻く最先端トピック
千円で酔えるファスト居酒屋 若年層やインバウンドの獲得へ
D&Gのいちばん長い日 中国市場を失うまで
期間限定レストラン 「認知の質」向上に着目
「未来型店舗=無人店舗」ではない。人の温かみある店舗からリアルならではの価値発信
博多・天神一帯の商業施設が安室奈美恵さん一色に
完全子会社の情報銀行設立 企業のマーケティング充実へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する