販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

小さなスペースでも、実感させる

「トップハレタ」アタッチPOP


店頭ツールを企画する際、最も悩まされるのが設置スペースである。昨今、リアル店舗では体験型の売り場や店頭ツールの必要性が叫ばれているが、いざ実施しようとしても、店頭にスペースがないことがほとんどだ。店舗では、売り上げを増やすべく、少しでも多くの商品を陳列することが優先され、必然的に店頭ツールに割り当てられるスペースは少なくなる。

しかしメーカーとしては、わずかなスペースであっても、売り場を訪れる買い物客に、商品の魅力をしっかりとアピールしたい。それには工夫が欠かせないわけだが、今回は、とてもコンパクトに商品を訴求していたツールを紹介しようと思う。

ライオンの衣料用液体洗剤「トップハレタ」は、晴れた日の乾き上がりに着目した商品だ。洗濯物を室内に干してもカラッと乾き、ふっくら仕上がるとうたう。この特徴を説明するため、商品Webサイトでは、「ハレタ」とほかの洗剤のそれぞれでタオルを洗濯し、比較するコンテンツを掲載している。写真や動画を見ると、「ハレタ」で洗濯したほうが、明らかにふっくらと仕上がることがわかる …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

一人ひとりの感性をデジタル化し理解する
小さなスペースでも、実感させる(この記事です)
ブランド拡張と市場創造
消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない
瞬時に理解させるジオラマ
販促パッケージとブランド
成果を出すAIをつくるのはヒト
デモンストレーションをする什器
使用機会を増やすには
AIが紙とえんぴつになる日に向けて

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する