販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

AIは日本の小売業を救えるか?

もしも無限の時間が与えられたら、あなたの仕事はどう変わるか?

(写真=123RF)

Amazonショック。2018年後半から、この言葉が日本の小売業の経営者の口に上ることが多くなった。Amazonショックはもはや海の向こうの話ではなくなっているのである。

前号では、「もしも無限の時間が与えられたら、あなたの仕事はどう変わるか?」という問いが、優れたAI活用アイデアにたどり着くためのキー・クエスチョンだと説明した。連載7回めとなる今回は、このキー・クエスチョンを活用して、Amazonショックの脅威にさらされている国内の小売企業、特にスーパーマーケット業態を例に、次世代の小売ビジネスについて考えてみたい。

スーパーマーケット経営で「無限の時間」が使えるならば、何ができるだろうか?私なら、「無限の時間」を使って、顧客一人ひとりの嗜好や行動、ライフスタイルを吟味する。一人ひとりの顧客が、どんなタイミングで来店しているか?何を買っているか?その日の献立は何か?どのような家族と暮らしているか?仕事は何か?味の好みは?健康に対する関心度は?──など、ちょっと想像力を働かせれば、顧客にまつわるさまざまな疑問が浮かぶはずである …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

AIは日本の小売業を救えるか?(この記事です)
売るものは、よりよい観劇体験
「自信あふれる濃厚さ」が秋冬パッケージトレンド
AI活用のカギとなるふたつの質問
訴求する場所は、まだまだ工夫できる
経験価値とパッケージデザイン
一人ひとりの感性をデジタル化し理解する
小さなスペースでも、実感させる
ブランド拡張と市場創造
消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する