販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析

アパレル企業の5社に1社が採用するマーチャンダイジングAI



AIは人間の使い方次第で、さまざまな企業の業務において、最高のパートナーになり得る。これまではマーケティング業務のAI活用を中心にお話ししてきたが、連載4回目となる今回は少し視点を変え、MD(マーチャンダイジング)業務にAIを取り入れて成果を出した事例をご紹介したい。

この分野で、国内でもいち早くAI活用に取り組んだのが、大手アパレルメーカーのTSIホールディングスだ。2016年、同社の変革を指揮していた齋藤匡司社長(当時)から私へ依頼があり、AIを活用したMD改革プロジェクトがスタートした。

アパレル企業の生命線は、需要予測の巧拙にある。アパレル業界はほかと比べ、少量多品種で商品の入れ替わりも早く、感性的なコンテンツでもある …

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

消費者一人ひとりの「欲しい」をAIで解析(この記事です)
コンビニでも、体験購入
LOHACOとパッケージデザインの未来
AIは魔法の杖じゃない
瞬時に理解させるジオラマ
販促パッケージとブランド
成果を出すAIをつくるのはヒト
デモンストレーションをする什器
使用機会を増やすには
AIが紙とえんぴつになる日に向けて
次代の施策にもつながる売り方とは
届けるべき言葉をすばやく載せる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する