販売促進の専門メディア

訪日客をリピーターに

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊

電通国際情報サービス

訪日観光客の関心をつかむにはどうすればいいのか。メディアも海外ユーザーを拡大しようと動き始めた。コンテンツ制作のプロである彼らの取り組みも参考になりそうだ。

訪日を検討している外国人消費者に対し、現地のブロガーを起用して話題づくりを図ろうとする企業は少なくない。従来的なマス広告のように一律に“面”で情報を届けるのではなく、消費者の間で発信起点となり、周囲の人々に影響を与える存在=「インフルエンサー」にアプローチする手法だ。

コンテンツがインフルエンサーに届いた結果、どのように情報が伝搬し、場所やモノへの親近感が築かれるのか、雑誌コンテンツとネットのトラッキング技術などを掛け合わせ、可視化しようという取り組みが始まった。

主導するのは、電通国際情報サービス(ISID)。メディアやコンテンツが訪日行動にどのように影響を与えるかを可視化する研究プロジェクトの第一弾として、紙・デジタル・ソーシャルメディアを連携させた実験的雑誌『MODE.TOKYO(モード・トウキョウ)』の創刊準備号を9月30日付で発行した。この雑誌では、記事ごとの注目度や波及プロセス、訪日時の行動に与える影響等の分析を行う。『MODE.TOKYO』の企画・編集は角川アスキー総合研究所が行う。編集長には、元Esquire編集長の清水清氏を迎えた。誌面は英・仏・日の3カ国語で、各記事に添えられた二次元コードを読み込むと、誌面連動のデジタルコンテンツをソーシャルメディアで共有したり、記事で紹介された場所や施設を地図で確認したりできる。

具体的なデジタルコンテンツやソーシャルメディア連携、データ収集・分析はISID内のオープンイノベーションラボ(イノラボ)が担当する。これまでに培った、ソーシャルメディアの利用履歴から知人関係の有無を類推したり、口コミの起点となるコンテンツや知人間におけるインフルエンサーの影響度を可視化する研究を生かす。「地域や施設へのチェックイン数などもデータ収集・分析する。何が訪日観光客の意思決定を左右するのかを見つけ出したい」(ISID・イノラボのエグゼクティブ・プロデューサーの鈴木淳一氏)。

プレ号の誌面では …

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客をリピーターに の記事一覧

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊(この記事です)
ラジオとネットの融合 海外向けメディアとして進化の兆し
500人の外国人ライターが日本の魅力を発掘
中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ
大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は
顧客の国際化に向けたインバウンド担当者の挑戦―サダマツ、髙島屋、ファンケル、森ビル
「グルメ」をテーマに再来訪喚起 ツアー体験から情報の拡散へ
「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス
「カエルパルコ」海外対応・始動 店頭を起点に利用者増目指す
売れ筋商品、拝見 光る!おもてなし
台湾最大手の共通ポイントと提携 大丸松坂屋、ビックカメラなどが参画
売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する