販売促進の専門メディア

SPエクスプレス

スマホで日本酒輸出拡大狙う ほか10月のSPニュース振り返り(後編)

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

<アウトバウンド>
スマホで日本酒輸出拡大狙う金沢の印刷会社とADK がタッグ

日本酒の情報を表示するウェブサイトやiPhoneアプリ(写真左)は10月22日、日本食の展示会「Oishii Japan」(会場=シンガポール)で海外業者らに披露された。期間は24日まで。昨年の来場者数は1万100人だった。日本酒の輸出先の4割弱は米国で、2014年の輸出額は41億2800万円に上る。次いで香港。以下、韓国、台湾、中国、シンガポールと続く。

日本酒の輸出額が年々増える一方、蔵元は毎年40社のペースで廃業している。こうした現状を打破しようと、スマートフォンで日本酒をプロモーションするプロジェクトが始まった。経済産業省の委託事業で、運営はアサツー ディ・ケイ。10月22日に公開したiPhone向けアプリと公式Webサイトは、高桑美術印刷(金沢市)が開発した。事業予算は2700万円。

第一弾として、「獺祭」の旭酒造や「蓬莱泉」の関谷酒造、「出羽桜」の出羽桜酒造など10の蔵元が情報配信を始めた。

2014年の清酒の輸出額は115億700万円で、前年比9.3%増だった。15年1~8月累計は90億円を超え、前年比25%増で推移している。しかし蔵元側は、対応できていないのが現状だ。このギャップを突いて、「Japanese Sake」とうたった中国産の酒が出回るケースも出てきた。

アプリやWebサイトでは、蔵元から提供された情報を翻訳して紹介する。アルコール度数や酒米などの基本情報のほか、味わいや香りも客観的に比べられるようにした。海外の販売業者や料飲店の仕入れ担当者に正確な情報を伝え、蔵元に発注しやすくするのが目的だ。紹介文には ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SPエクスプレス の記事一覧

スマホで日本酒輸出拡大狙う ほか10月のSPニュース振り返り(後編)(この記事です)
三越伊勢丹HDとCCCが合弁ほか10月のSPニュース振り返り(前編)
洋服の定額制レンタルサービス開始ほか9月のSPニュース振り返り
イオン子会社、香港向けに果物などEC販売ほか8月のSPニュース(前編)
資生堂、来店者の行動を分析する什器ほか8月のSPニュース(後編)
無印良品有楽町が全面改装ほか7月のSPニュース振り返り(後編)
ネット各社が中小企業支える協議会設立など7月のSPニュース振り返り(前編)
爽快ドラッグ、中国ECモールにオンライン旗艦店ほか6月のSPニュース振り返り(後編)
伊藤忠、デジタル特典による販促支援事業ほか6月のSPニュース振り返り(前編)
ドコモが新たに「d ポイント」提供 開始時から「Ponta 」と提携ほか5月のSPニュース振り返り
セブン&アイHD、宣伝会議など表彰 新幹線開業に沸く金沢で全広連大会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する