販売促進の専門メディア

訪日客をリピーターに

売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫

訪日外国人観光客に、いま人気の商品はなにか?店内のどんな販促策が効果を発揮しているのか?10月の国慶節の時期に、外国人が買い物を楽しむ姿が目立つエリアの店舗を取材。再訪問したくなる店づくり、品ぞろえの工夫をレポートする。

セブン‐イレブン 浅草雷門前店
店舗からは雷門が見え、観光客が多く立ち寄る店舗。2014年12月、コンビニ初の免税店となった。免税カウンターやイートインスペースがある。台湾からの訪日客が多く、台湾や中国出身のスタッフも接客にあたる。

キラーコンテンツ雪肌粋を軸に商品を展開

セブン-イレブン 浅草雷門前店に向かおうと浅草駅を降りると、駅構内に「GetCash at 7-ELEVEN」と打ち出したポスターが掲出されていた。店内に設置されているセブン銀行のATMを使えば、日本の現金を引き出すことができるのだ。店入口には「TAX-FREE」のポスターや、「ATM」「Free Wi-Fi」のステッカーを貼り、訪日客にも立ち寄りやすい店であることをアピールしている。

店内に入ってまず目に入ってくるのが、免税品を集めたコーナー。訪日客が真っ先に求めるのは、日本のセブン-イレブン限定で販売している「雪肌粋ホワイト洗顔クリーム」(コーセー)。3個入りの箱ごと購入するケースが多く、手書きのPOPでは、11個以上購入すると免税になると書かれている。QRコード付きの多言語のPOPも設置してあり、QRコードからサイトに飛んでみると、15カ国語で簡単な商品紹介が読めた。

ここでしか買えないとあって指名買いされる雪肌粋だが …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客をリピーターに の記事一覧

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊
ラジオとネットの融合 海外向けメディアとして進化の兆し
500人の外国人ライターが日本の魅力を発掘
中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ
大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は
顧客の国際化に向けたインバウンド担当者の挑戦―サダマツ、髙島屋、ファンケル、森ビル
「グルメ」をテーマに再来訪喚起 ツアー体験から情報の拡散へ
「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス
「カエルパルコ」海外対応・始動 店頭を起点に利用者増目指す
売れ筋商品、拝見 光る!おもてなし
台湾最大手の共通ポイントと提携 大丸松坂屋、ビックカメラなどが参画
売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する