販売促進の専門メディア

訪日客をリピーターに

大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は

大丸松坂屋

訪日外国人観光客が普段使い慣れた決済手段を導入することで、買い物の利便性を高めようという動きも進んでいる。

「WeChat」はヨーロッパでも導入が進んでいる。写真は2013年にイタリア・ミラノで開催されたゲーム関連展示会にて(写真提供:Shutterstock.com)

新たな一手は、社内からの要請も

大丸松坂屋百貨店は9月30日、中国のメッセージアプリ「WeChat(ウィーチャット、中国名=微信)」の決済サービス「WeChatペイメント」を、大丸6店舗と松坂屋2店舗の訪日観光客向け売り場に導入した。「WeChat」は日本のLINEに似たサービス。決済後に大丸松坂屋のWeChatアカウントをフォローするよう促し、利用客が帰国した後も、店舗情報やクーポンを配信して再来店につなげるという取り組みだ。

導入を担当した大丸松坂屋百貨店のインバウンド担当小野圭一氏は、「第一の目的は、訪日のお客さまの利便性の向上」と語る。「WeChatペイメント」は、あらかじめ銀行口座を「WeChat」アカウントに登録しておくと、店頭端末にスマートフォンをかざすだけで支払いができる決済手段。ユーザー数は4億人に上り、中国では暮らしに密着したサービスだ。

日本ではネットスターズが代理店となって運営、決済は三井住友信託銀行の信託スキームを通じて支払われる。

大丸松坂屋百貨店の3~8月累計の免税売上高は、前年比4.5倍に急伸した。中国客の免税品の購入額は免税売上全体の約3分の2を占める。実態として決済として最も大きなボリュームとなるのは「銀聯(ユニオンペイ)カード」になるが、「純粋にお客さまの利便性を高めたい。それが結果としてさらなる需要獲得につながるはず」と小野氏は語る。

「訪日観光客需要は百貨店業界では明確な成長マーケットとしてとらえられている。比較的新しい一手にも理解を得やすく ...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客をリピーターに の記事一覧

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊
ラジオとネットの融合 海外向けメディアとして進化の兆し
500人の外国人ライターが日本の魅力を発掘
中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ
大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は(この記事です)
顧客の国際化に向けたインバウンド担当者の挑戦―サダマツ、髙島屋、ファンケル、森ビル
「グルメ」をテーマに再来訪喚起 ツアー体験から情報の拡散へ
「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス
「カエルパルコ」海外対応・始動 店頭を起点に利用者増目指す
売れ筋商品、拝見 光る!おもてなし
台湾最大手の共通ポイントと提携 大丸松坂屋、ビックカメラなどが参画
売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する