販売促進の専門メディア

訪日客をリピーターに

「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス

松屋

訪日客向けにも商品の取り置き予約サービスを始めた松屋銀座。店頭で良質な「買い物体験」を訪日観光客に提供できれば、帰国後の購入機会や再来訪のきっかけをつくることができる。

松屋銀座が9月末にオープンした、訪日外国人観光客向け化粧品ラウンジ「TOURIST Shop&Lounge(ツーリスト ショップ&ラウンジ)」。大手化粧品4ブランドが売り場を持っている。

松屋銀座は9月30日、訪日外国人観光客向け化粧品ラウンジ「TOURIST Shop&Lounge(ツーリスト ショップ&ラウンジ)」をオープンさせた。化粧品大手4ブランドが出店し、資生堂、クレ・ド・ポー ボーテ、SK-Ⅱは中国語や英語を話せるバイリンガルのビューティーアドバイザー・ビューティーカウンセラーを常駐させ、カウンセリング販売を実施。DHCはショップアテンダントに通訳をつける。拡大を続けるインバウンド需要を背景に、松屋銀座は、初年度売上高4億1000万円を見込む。

ラウンジでは、訪日前に取り寄せを予約できるウェブサービス「+81モール」も導入した。10月31日までに、あらかじめ取り寄せをした外国人来店者には2%割引を適用。8%の消費税免税と合わせて10%割引となるオープンキャンペーンも行った。各種の施策の結果、まずは訪日客約300人が「+81モール」の会員登録をしたという。

場所は松屋銀座裏手の第1駐車場2階で、売り場面積は約132平方メートル(約40坪)。朝10時~夜8時まで営業する。免税カウンターを併設した上、自動販売機やソファのあるラウンジスペースも用意。スムーズな買い物とともに、休憩もできるよう配慮した。

中国の銀行などで送客キャンペーンも

「ツーリスト ショップ&ラウンジ」や「+81モール」の導入に携わった …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日客をリピーターに の記事一覧

雑誌のコミュニティ形成力を拡張 富裕層外人向けメディアを創刊
ラジオとネットの融合 海外向けメディアとして進化の兆し
500人の外国人ライターが日本の魅力を発掘
中国最大のモバイル決済「Alipay」と連携 ビックカメラ、パルコなど5社が導入へ
大丸松坂屋、中国大手SNSの決済手段を導入、その背景は
顧客の国際化に向けたインバウンド担当者の挑戦―サダマツ、髙島屋、ファンケル、森ビル
「グルメ」をテーマに再来訪喚起 ツアー体験から情報の拡散へ
「時短」と「自分だけの買い物」演出 松屋銀座の商品取り置きサービス(この記事です)
「カエルパルコ」海外対応・始動 店頭を起点に利用者増目指す
売れ筋商品、拝見 光る!おもてなし
台湾最大手の共通ポイントと提携 大丸松坂屋、ビックカメラなどが参画
売れた!訪日客に人気の商品 買い物を促す工夫

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する