IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

鈴鹿サーキット60周年 全長44メートルの交通広告で感謝を伝える

三重県/鈴鹿サーキット「60年分の数え切れない『感謝』を込めて。」

阪急電鉄大阪梅田駅の交通広告。全体像はWebサイトから画像としてダウンロード可能。

背景に敷き詰めた「感謝」の文字で、レーシングコースのアスファルトを表現。

特設Webサイト。広告のビジュアルがブラウザの幅に合わせて動くレスポンシブデザイン。

スマートフォンなどの壁紙用の画像も用意。

3月21日から27日まで、F1日本グランプリ開催などで知られる鈴鹿市のテーマパーク「鈴鹿サーキット」の広告が阪急電鉄大阪梅田駅構内に掲出された。その内容は、B0ポスター60枚分、約44メートルにわたる広告枠をレーシングコースに見立て、その背景を無数の「感謝」の文字で埋め尽くすというもの。手がけたのは博報堂と博報堂プロダクツ。鈴鹿サーキット開場60周年記念事業「SUZUKA 60 PROJECT」のひとつだ。

「60という数字にこだわり、広告枠をまず決めました。サイズが大きいだけに多くのアイデアがありましたが、『感謝』をシンプルに伝えながらも鈴鹿サーキットらしさを感じて...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

日本発祥のドリフトを福島から世界へ 映画『ALIVEHOON』公開
2024年春の福井・敦賀新幹線開業へ 「ZEN」の精神性を音で表現
鈴鹿サーキット60周年 全長44メートルの交通広告で感謝を伝える(この記事です)
千葉・犬吠埼温泉発、犬のごとく「吠える」PR動画
あえて観光ムービーにはしない 25分の『縦型』映画
地下鉄発の文庫レーベル 沿線巡りをしたくなる仕掛け
地元の暮らしをリアルに映し、地域で愛されるCMに
映画のクオリティで描く、岐阜県関市の観光×青春ドラマ
忍びの精神世界がケント・モリさんのダンスパフォーマンスと融合
ノスタルジックだけど新しい。永井博さんのイラストで船旅の魅力を開花
地域の職人と世界的アーティストを『混ぜ合わせ』、香川県は超アート県へ
スタジオジブリ初の試みがクリエイティブと地域の可能性を広げる
「角煮を食べているように見えるパックマン」をそのまま再現
擬人化した駅が自らのPR方法を議論「伊豆箱根の13人」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る