IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

「紙オムツ」を「パンツ」に 社会の固定観念をユーモアとともに覆す

大王製紙/アテント 大人用紙オムツの「#常識をはきかえよう」

大王製紙は8月4日、大人用紙オムツのブランド「アテント」の40周年を機に、「介護の社会化」を目指すキャンペーンを開始した。テーマに掲げたのは「#常識をはきかえよう」。同日と8月22日に新聞広告を出稿したほか、草なぎ剛さん出演のテレビCMを放映している。

8月22日に出稿された新聞広告。

「かくさないパンツ」になるために場と空気を変えていく

今回のキャンペーンの背景にあるのは、少子高齢化が進む現実に反して、介護が日本社会でまだ「今の自分とは関係ない」と思われていることだ。

電通のクリエーティブディレクター 細川美和子さんは「オリエン時には、介護の現状やブランドの想いを丁寧にご説明いただきました。家族の単位が段々と小さくなり、頼れる人が少なくなっていること。だからこそ、家族の他にも気軽に頼っていいんだ、と思える空気や場所を社会につくりたいこと。そして紙オムツは介護に現在携わる人だけでなく、将来誰もがお世話になる可能性があるものです。だからこそ、隠すのではなく、みんなの話題にする、という目標を設定しました」と振り返る。

そこで8月4日の新聞広告でまず掲げたのは、「かくさないパンツになろう。」から始まるアテントのマニフェスト。「固定観念を変えるには、単発で話題になる広告だけではなくキャンペーン型で、想いを積み上げていく必要がある」(細川さん)と考え、続くテレビCMは13篇制作した。

そのテレビCMすべてが、「連続対話CM」と題される通り、草なぎ剛さんが語りかけるような内容だ。例えば「誰よりいちばん」篇では、「誰よりいちばん近くにいて誰よりいちばんいつも一緒で誰よりいちばん長く過ごして自分の人生に最後まで寄り添ってくれる存在って何だと思います?」と、問いかける。草なぎさんを起用したのは、「国民的な存在であり、ちょうど介護世代とまだ介護に直面していない世代とをつなぐ世代の方」(細川さん)であるため。事前に今回の背景やブランドの想いを草なぎさんに...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

前向きな気持ちで今できることを 関西発で始めよう
「紙オムツ」を「パンツ」に 社会の固定観念をユーモアとともに覆す(この記事です)
イノベーションの少し先の未来を描く、ニッサン パビリオン
51年目のパルコに寄り添い先を照らすヒーローたち
野菜と肉の組み合わせで売り場まで「おいしさ」を届ける
モデルチェンジしても変わらない想いを運ぶという新幹線の役割
先の見えない状況で生まれた「ケースバイケース」な新聞広告
花言葉を通じて普段言えない感謝の言葉をお母さんに伝える
「緑」になった伊右衛門をラベルを剥がして描く
最新技術で渋谷の街に攻殻機動隊の世界を再現
高校生に向けて家族と過ごす時間の大切さを伝える
「アイドル」と「水道水」を重ねて描いたMV

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る