IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

高校生に向けて家族と過ごす時間の大切さを伝える

アットホーム「家族と離れるまで、のこり365日。」

「家族と離れるまで、のこり365日。」──こんなキャッチフレーズの新聞広告が4月1日に、読売新聞と朝日新聞に出稿された。これは不動産情報サービスのアットホームから、この春に高校3年生になった学生たちに向けたメッセージである。

14タイプの写真と家のデザインで出稿された新聞広告。

高校3年生が家を出るまでの365日に着目

高校卒業後、就職や進学で一人暮らしを控える学生たちにとって、「引越し」は「親から離れること」を意味する。そして、来年の4月に家を出ることになれば、タイムリミットはあと365日──この広告からは、新しい生活への期待に向けながらも、不安や心配、寂しさなど切実な気持ちが伝わってくる。従来のアットホームのコミュニケーションは楽しくカラフルな印象だが、この新聞広告は全く異なるアプローチだ。

「アットホームさんは多くの人に住まいとの新しい出会いを提供する中で、家探しに伴う人々のさまざまな気持ちを見てきました。そういう家探しの周りにある気持ちに寄り添える企業になりたいという思いが、企画の発端になりました」と、博報堂 クリエイティブディレクター 井手康喬さん。そこで、アットホームの担当者とクリエイティブチーム全員でブレストを行った際に、コピーライター 安達岳さんが着目したのが「高校3年生は4月1日の時点で、家を出るまで1年(365日)しかない」ということ。それに続き萩原海里さんが書いた、高校3年生に向けた手紙のようなボディコピーで、企画がかたちづくられた。

「新しい土地での一人暮らしにワクワクする学生がいる一方で、それを不安に感じている学生もいる。そして家を出て行く子どもを心配する親も...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

高校生に向けて家族と過ごす時間の大切さを伝える(この記事です)
「アイドル」と「水道水」を重ねて描いたMV
何かを追い求めて走るすべての人を応援する
1本のWeb動画の中に隠された13本のMVへのオマージュ
創業25年を迎えたウィゴーがスローガン・ロゴを一新
ポカリにまつわる原体験をリマインドする
ご当地CMのパロディ化で 東京2020を地方から盛り上げる
赤い惑星を舞台に 新しい時代の自由な車を描く
セリフの決め手は「そのスーツ、どこの?」
コーポレートフォントで表現するメルカリらしさ
感謝と感動を伝えるラグビーワールドカップの新聞広告
日本の文化の魅力を伝えるために日本を代表するゲームが集結

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る