IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

花言葉を通じて普段言えない感謝の言葉をお母さんに伝える

日本花き振興協議会「MAY is MOTHER’s MONTH 今年の5月は『母の月』」

4月24日、日本花き振興協議会は、「MAY is MOTHER’s MONTH 今年の5月は『母の月』」キャンペーンを開始。5月10日だけでなく、5月の1カ月間を通じて、お母さんに感謝の気持ちを伝えようと呼びかけた。

5月1日付の読売新聞朝刊に掲載された新聞広告。

どんな気持ちになれば行動するか

花きの生産、流通、小売の関係団体で構成される「日本花き振興協議会」。お花をプレゼントする人が多い母の日は、同協会にとっても一大イベント。しかし、今年は配送業者の多忙や、外出自粛で例年通りとはいかない。そこで、5月の1カ月間を「母の月」とし、母親への感謝の気持ちを1カ月に渡って伝える期間にすることを、農林水産省とともに発信した。

このメッセージをより多くの人に届けるためにキャンペーンを設計したのが、電通 アートディレクター 井本善之さん。4月23日にオリエンテーションを受け、5月1日には、読売新聞朝刊に15段の新聞広告を掲出、特設Webサイトを公開した。「『見た人がどんな気持ちになるか』『どんな気持ちになれば行動してくれるか』を大切にしています。コロナ禍は、お母さんにとっても大変な時期。会いたくても気軽に会えない時期だからこそ、積もるお母さんへの思いもあるはず。自分の思いにぴったりな花言葉の花を通して、普段素直に言葉にできない思いを伝えてほしい、と企画しました」と話す。

キャッチフレーズは、「会って伝えられない今だから。花で言葉を伝えてみよう。」。Webサイトでは...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

先の見えない状況で生まれた「ケースバイケース」な新聞広告
花言葉を通じて普段言えない感謝の言葉をお母さんに伝える(この記事です)
「緑」になった伊右衛門をラベルを剥がして描く
最新技術で渋谷の街に攻殻機動隊の世界を再現
高校生に向けて家族と過ごす時間の大切さを伝える
「アイドル」と「水道水」を重ねて描いたMV
何かを追い求めて走るすべての人を応援する
1本のWeb動画の中に隠された13本のMVへのオマージュ
創業25年を迎えたウィゴーがスローガン・ロゴを一新
ポカリにまつわる原体験をリマインドする
ご当地CMのパロディ化で 東京2020を地方から盛り上げる
赤い惑星を舞台に 新しい時代の自由な車を描く

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る