IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

1本のWeb動画の中に隠された13本のMVへのオマージュ

日本マイクロソフト「まだタイトルのない君へ。」

春。新しいことを始めるにはもってこいの季節だ。この時期に、例年新大学生に向けたコミュニケーションを展開するのが日本マイクロソフトのモバイルPC「Surface」。グラフィック・Web動画共に見た人が「元ネタ」を調べずにいられない仕掛けを仕込んだ。

「まだタイトルのない君へ。」プロモーションのメインコピー。ボディコピーが、Web動画のナレーションとしても用いられている。

東急田園都市線渋谷駅地下1階の駅貼り広告。

曲名を散りばめ、見た人の推察を促す

日本マイクロソフトのモバイルPC「Microsoft Surface」は、2月25日、新大学生に向けたプロモーション「まだタイトルのない君へ。」を開始した。Web動画とビジュアルを制作し、同日から東急田園都市線渋谷駅地下1階の駅貼り、JR山手線まど上チャンネルにも広告を掲出。以降、小田急線新宿駅や全国主要都市の交通広告、サイネージ、Web広告など多面的に展開した。

企画したEPOCHのディレクター/プランナー 佐々木渉さんは「クライアントからの課題は、例年通り『ブレイクスルー』。それをふまえ、コピーはZ世代の若者の、“やりたいことが見つからない、見つけたい”というインサイトに着目し、まだタイトルは無く何者でもないかもしれないけど、Surfaceとなら君だけのタイトルが見つけられる、というメッセージを込めました」と話す …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

1本のWeb動画の中に隠された13本のMVへのオマージュ(この記事です)
創業25年を迎えたウィゴーがスローガン・ロゴを一新
ポカリにまつわる原体験をリマインドする
ご当地CMのパロディ化で 東京2020を地方から盛り上げる
赤い惑星を舞台に 新しい時代の自由な車を描く
セリフの決め手は「そのスーツ、どこの?」
コーポレートフォントで表現するメルカリらしさ
感謝と感動を伝えるラグビーワールドカップの新聞広告
日本の文化の魅力を伝えるために日本を代表するゲームが集結
AI技術で手塚治虫の作品を復活させる
令和を生きる人に勇気を与えるキャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る