IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクション

競馬場という場所の魅力を改めてファンにも伝える

TCK

4月6日、TCK(東京シティ競馬)が新聞広告を出稿した。本来は70周年の華々しい開幕を迎えるはずだったその日、TCKは無観客競馬をスタートした。そんな日に、TOKYO CITY KEIBAファン、そして世の中に向けて、TCKが送ったメッセージは、「世界がいつかまた、騒がしくありますように。」だ。

“TO:ファン CC:世の中”という距離感で作ったメッセージ

TCKが出稿を決めたのは、3月26日。当初から出稿予定があったわけではなく、読売広告社クリエイティブディレクター高橋尚睦さんをはじめとするクリエイティブチームからの提案だった。TCKはその提案に賛同し、すぐに出稿を決めたという。

無観客での開幕日である4月6日に出稿を決めたが、制作期間は1週間しかないスケジュールだった。

「メッセージ制作にあたって意識したのは...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る