IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクション

企業理念に基づいたテーマで発信した「今だから気付けること」

ジャパネットホールディングス

テレビショッピングを中心に通販事業とスポーツ・地域創生事業を行っているジャパネットホールディングスは、3月30日から「今だから気付けること」「今だからやるべきこと」をテーマにした特設Webサイトをオープン。4月上旬からは、同じテーマでテレビCMも開始した。

CM「#今だから」と特設サイトの動画に登場したさだまさしさん、高橋みなみさん、西川貴教さん。この他にも、Mr.マリックさん、加藤登紀子さん、早見優さんなど、さまざまな人たちが自身で考えた「今だから気づけること」を発信している。

自分たちが提供できるものは何か?

ジャパネットホールディングスは毎年ブランディング広告を展開しており、今年も3月中旬までは新作のCMを放映する予定だった。ジャパネットコミュニケーションデザインエグゼクティブエキスパート土方雄介さんは「3月17日に最終段階のCMについて経営陣と会議を行っていたのですが、新型コロナウイルスの感染拡大の状況を受けて、“今、我々が提供できるものは何かを改めて考えよう”と、急遽進行中のCMをストップして、新たな企画を考えることになったんです」と振り返る。

とはいえ、ゆっくりと企画を考えている時間はなく、CM放映開始目標は4月上旬に迫っていた。「弊社はCM放送枠からショッピング放送枠まで、自社で買い付けをしているので、考査も含めて、いつ完成させれば間に合うかを把握していました。そこから逆算して動きだしたものの、突発的につくって単純な啓発の広告のようになるのは違う。社長からは“よりお客さまに直接伝わるものをつくりたい”という話があったので、スピードを持ちながら視聴者に直接伝えることを意識しました」。

土方さんが発想の起点にしたのは、ジャパネットグループの企業理念『「今を生きる楽しさ」を!』だ。この理念につながるものにするため、「今だから気付けること」「今だからやるべきこと」をテーマに置いている。

「感染拡大で不便な生活を強いられたり、身近に恐怖が迫ってきたりと、不安やストレスを感じる方が多くなっているなかで、少しでも皆さんが前を向けるメッセージや役に立つ情報を流せたらいいと思いました。そこで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る