IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクション

みんなが心の中で思っていることを桜のビジュアルに載せて伝える

いまできることプロジェクト

新聞の30段のスペースを埋めつくすほどの、桜の花が描かれた広告。これは、九州・西広(現・九州博報堂)の有志が企画して立ち上げた「いまできることプロジェクト」の広告である。

西日本新聞に掲載された桜が満開の新聞広告。

特設サイトで公開されている、今年の九州の桜を撮影したムービー『Kyushu Sakura 2020』。

春の歌と桜の映像を届ける

3月27日、西日本新聞に満開の桜が描かれた30段の広告が出稿された。また同日、開設された特設サイトでは、3組のアーティストによる春の歌メドレー(スキマスイッチ、秦基博、GReeeeN)が流れる中、九州各地の桜を集めた映像が公開されている。メッセージは「はやく、世界に春が訪れますように。」。

これは、九州博報堂の営業 茂田智仁さん、村上京助さん、コピーライター岡本和久さんらが中心になって立ち上げた「いまできることプロジェクト」だ。「3月に入ってからイベントが中止になったり、クライアントが広告を自粛したり、社内外で閉塞感がありました。その中で、何かできないだろうかと社内の有志で考え始めました」(村上さん)。また、現在の九州博報堂は4月に事業統合されるまで西広だったこともあり、「西広として最後に何かなし遂げたい」という気持ちもあったという。

3月中旬、福岡をはじめとする九州では桜が見頃のタイミング。そこで企画したのが、「家で楽しむ花見」である。いろいろな方向から企画を考えたが、学校の休校やお花見自粛などが重なったことから、お花見をテーマに決めた...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧

#今できること 企業・クリエイターの次へとつなげるアクションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る