IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

SDGs時代の新しいパッケージのかたち

エコと消費者のニーズを両立させる商品開発

味の素AGF

味の素AGFが通販チャネルで展開する、パッケージを刷新した商品が好調だ。環境配慮だけでなく、省手間も、消費者を引き付ける要素のひとつのようだ。

ラベル部分をなくし、シールで代替した「ブレンディ®」ボトルコーヒー ラベルレス無糖900ml。

「ラベルレス」が想定以上の人気

味の素AGFのECビジネスでは、一般向け通販と、法人向けのオフィス通販を中心に販売している。2019年8月、半年の先行販売期間を経て発売したのが、「ブレンディ®」ボトルコーヒー ラベルレス無糖900ml。通常はボトル全体にぐるっと巻かれているラベルを、1枚のシールで代替したものだ。シールには賞味期限とリサイクルマークなど、必要最低限の情報しか載せていない。2019年2月に先行発売し、予想以上に反響があったことから、本販売することになった。

味の素AGF ECビジネス部 商品開発グループ グループ長 山本倫子さんは、「もともと、2018年の夏頃にお得意先さまからご相談をいただきました。環境への配慮はもちろん、飲料業界は価格競争に走りがちな部分があり、価格以外の価値を提供できる新しい商品が必要だと考えていました。また、人口が減少しているこの時代、オフィスでは『お茶出し』の手間も省くニーズもあるのではないかな、と。ボトル自体には最小限の情報しか載せない分、箱に必要な情報を記載し、12本セットのケース単位で販売しています」と話す。

発売後、法人向け通販においては「ブレンディ®」のボトルコーヒー無糖のうち約20%の構成比を目標としていたところ、約30%~35%を占める結果に。その好評を受け、今年2月21日に、「微糖」と「低糖」タイプも発売した。「お客さまのレビューを読むと、環境への関心もありますが、省手間への価値を感じている方が多いようです。ラベルを剥がすことに抵抗感はあったものの、既に構築されたブランドへの信頼があったため、ラベルなしでも購入していただけているのでは、と考えています」 …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SDGs時代の新しいパッケージのかたちの記事一覧

SDGs時代の新しいパッケージのかたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る