IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

SDGs時代の新しいパッケージのかたち

コミュニケーションを促す紙パッケージ

ネスレ日本「キットカット」

「キットカット」の販売量世界一の日本でネスレ日本が行ったのは大袋タイプ5種を紙製に切り替える大胆な取り組みだった。

変更後の「キットカット」(左)と変更前(右)のもの。光沢や彩度は落ちたが、より優しい印象に。

海洋プラごみの解決のために

ネスレ日本は2019年9月下旬の出荷分から、チョコレート菓子「キットカット」の大袋タイプ5種の外袋を、プラスチックから紙パッケージに切り替えている。

これは、世界190カ国に事業を展開するネスレがグローバルで掲げている、「全世界で2025年までに、同社の製品の包装材料を100%リサイクル可能、もしくはリユース可能にする」という目標を達成するための取り組みのひとつ。海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた活動だ。

ネスレ日本ではこれを受けて、世界で最も販売数の多い「キットカット」製品で、「2020年9月までに大袋全製品の外袋を紙パッケージに変更すること」「22年までに100%リサイクル可能、あるいはリユース可能な素材へ変更すること」を目標に掲げている …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SDGs時代の新しいパッケージのかたちの記事一覧

SDGs時代の新しいパッケージのかたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る