IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告

幸楽苑/企業広告
新聞広告

新社長は他の大企業でも働いてきたが、お正月まで仕事をする企業は幸楽苑だけ。そこで、日曜日の営業をせずとも業績が好調なアメリカのファストフード店を視察し、徹底的に分析をしたそうです。「大晦日の夕方から元日終日を休みにして、社員に家族と過ごしてもらおうと思う」と新社長から直接聞き、その想いと決断を、日本のお正月の働き方改革に向けて投じる小さな一石にできれば、と思いました。

実は、お正月は幸楽苑にとって書き入れ時。少々あざとくても2億円を強調しないとニュースにはならず、議論にもなりません。サービス業は、みんなが休む日に働くこと。が、いつの日か古い考えになりますように。なお、お蕎麦屋の原稿は、情報戦略を考えてツイートの画像にも使用しています。
(博報堂 クリエイティブディレクター 河西智彦)

  • 企画制作/博報堂+東北博報堂
  • スーパーバイザー/新井田昇
  • CD+C/河西智彦
  • AD/冨田耕平
  • D/木戸真一
  • クリエイティブスーパーバイザー/平松葉月、岸本智
  • AE/加藤久幸、引田龍一郎、高橋栄人、中山洋一、倉橋貴史、千葉幹太

UP TO WORKS の記事一覧

全国高校サッカー選手権を全力で応援する号外を発行
視覚を奪われた世界を表現するテレビCM、ラジオCM
穏やかなインパクトをもたらす新聞広告
三日坊主が、ちょっとエライ理由
創業140周年の企業だからこそのメッセージ
いつも忙しい日本人に「サンデー」からメッセージ
3日連続出稿の新聞広告をつなぐと現れるものは?
「コドモのココロ」を大切に作った正月広告
仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告(この記事です)
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る