IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」

NA:女だから、強要される。
女だから、無視される。
女だから、減点される。
女であることの生きづらさが報道され、
そのたびに、「女の時代」は遠ざかる。
今年はいよいよ、時代が変わる。
本当ですか。期待していいのでしょうか。
活躍だ、進出だともてはやされるだけの
「女の時代」なら、
永久に来なくていいと私たちは思う。
時代の中心に、男も女もない。
わたしは、私に生まれたことを讃えたい。
来るべきなのは、一人ひとりがつくる、
「私の時代」だ。
そうやって想像するだけで、
ワクワクしませんか。
わたしは、私。

西武・そごう/企業広告 新聞広告、Webムービー

新聞を見てくださる方が、そこから動画へ遷移する確率は決して高くありません。紙とデジタルの壁は意外と大きい。この仕事では、その壁を越えてもらう必要がありました。広告は圧縮の技術だと言う人がいます。そうだとすれば、この仕事はその解凍の過程で、お怒りやお叱りをもらいながら、じっくりと議論されてゆくものでした。「正解が一つしかない世の中は退屈だ。」と、昨年の広告で伝えました。簡単には答えが見つからない問題に、全員で向き合う仕事となりました。志あるクライアントとスタッフ、企画を深く理解して演じてくださった安藤サクラさんに感謝します。
(フロンテッジ シニアクリエイティブディレクター 上島史朗)

  • 企画制作/フロンテッジ+太陽企画
  • ECD/田中英生
  • CD+C/上島史朗
  • AD/加納彰
  • C/山際良子
  • CPR/松井徹
  • AE/河西きよら
  • ST/椎名直子
  • M/星野加奈子
  • H/松浦美穂
  • グラフィック

  • AD/岡田邦栄
  • D/遠藤芳紀
  • 撮影/橋本英之
  • ムービー

  • PR/堤麻里子
  • PM/椎名由紀、久保田明里
  • 演出/北田一真
  • 撮影/橋本英之
  • 照明/茨城昌弘
  • 美術/ENZO
  • フードスタイリスト/TYPE
  • サウンドデザイン/綾城重理人
  • 音楽/audioforce
  • 編集/Khaki

UP TO WORKS の記事一覧

仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」(この記事です)
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る