IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

「コドモのココロ」を大切に作った正月広告

集英社/集英社の刊行物
(週刊少年ジャンプ、りぼん、SPUR、集英社新書、みらい文庫)
「2019年元旦新聞広告」

私たちの仕事は「面白いコンテンツ」を生み出すこと。そのためには、子どものように、何物にもとらわれずに、さまざまなことを面白がれる「コドモのココロ」が大切だと考えました。今回、「コドモのココロ」を表現するにあたり、何人ものお子さまにご協力いただき、弊社の思いや作品をテーマに自由に描いていただきました。完成した絵は、どれもユニークで、あらためて子どもたちの視点の豊かさに気づかされました。おかげさまで元旦らしい初心に戻れるメッセージとなりました。ご協力いただいたお子さま、ご家族の皆様にあらためて感謝いたします。
(集英社)

  • 企画制作/電通+TYO Activation+横浜スーパーファクトリー+プラグ
  • CD/竹内祐太
  • AD/江波戸李生
  • C/堀越理沙
  • D/鑓田佳広、高坂さくら
  • PR/佐藤剛毅
  • フォトPR/児玉七美
  • PM/清水優大
  • 撮影/船本諒
  • 美術/石郷岡勲
  • I/宮島龍一、齋藤千尋、市川駿、樋口そら、井上徳二郎
  • レタッチ/福井修
  • AE/福森和歌子、宮田葉子、井戸川万美
  • 製版+印刷/電通オンデマンドグラフィック
  • ロケ地+スタジオ/汐留カレッタスタジオ

UP TO WORKS の記事一覧

全国高校サッカー選手権を全力で応援する号外を発行
視覚を奪われた世界を表現するテレビCM、ラジオCM
穏やかなインパクトをもたらす新聞広告
三日坊主が、ちょっとエライ理由
創業140周年の企業だからこそのメッセージ
いつも忙しい日本人に「サンデー」からメッセージ
3日連続出稿の新聞広告をつなぐと現れるものは?
「コドモのココロ」を大切に作った正月広告(この記事です)
仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る