IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

テーマは「嘘」、宝島社の企業広告

宝島社/2019年 正月企業広告
「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」
新聞広告

今回の企業広告のテーマは「嘘」です。気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざん…。それらはすべて、つまりは嘘です。それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているように見えます。いまを生きる人々に、嘘についてあらためて考えてほしい、嘘に立ち向かってほしい、そんな思いをこめて制作しました。
(宝島社 取締役 米津誠)

  • 企画制作/宝島社+電通+たき工房
  • CD/古川裕也、磯島拓矢、尾上永晃
  • AD/今井祐介
  • C/上田浩和
  • D/森本一平、高木紳介、鈴木祐介
  • PR/山下けい子
  • 撮影/辻本浩太郎
  • ST/RYUIJI MIMAKI
  • フォトPR/山田隆子、小川智勝、伊藤圭太
  • AE/島田裕一郎、飯塚陽子、傍島篤夫
  • 製版+印刷/日庄、太田正穂
  • レタッチ/磯崎大介、吉岡妙

UP TO WORKS の記事一覧

全国高校サッカー選手権を全力で応援する号外を発行
視覚を奪われた世界を表現するテレビCM、ラジオCM
穏やかなインパクトをもたらす新聞広告
三日坊主が、ちょっとエライ理由
創業140周年の企業だからこそのメッセージ
いつも忙しい日本人に「サンデー」からメッセージ
3日連続出稿の新聞広告をつなぐと現れるものは?
「コドモのココロ」を大切に作った正月広告
仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告(この記事です)
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る