IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

Wikipedia?それとも広告?

セブンツーセブン/企業広告
自社Wikipediaのスクショ広告
新聞広告

「普通広告表現には使わないけど意外と使えそうなもの」を日々ストックしていて今回はWikipediaを使ってみました。こういった「作り方づくり」と発信文脈をうまく掛け合わせれば見た人にいい驚きを生むことができるとわかったのでさらなるトライをしていきたいです。同期とのほぼ飛び込み自主提案から始まり、セブンツーセブンご担当者さまと一つのチームになれたことでこのような思い切った企画を実現できました。感謝です。
(電通関西支社 プランナー 花田礼)

  • 広告会社/電通関西支社+アド電通大阪
  • 企画+C/花田礼
  • AD/大原漢太郎
  • メディアプランナー/高橋貴大
  • AE/大橋萌美
  • 製版+印刷/北村明

UP TO WORKS の記事一覧

全国高校サッカー選手権を全力で応援する号外を発行
視覚を奪われた世界を表現するテレビCM、ラジオCM
穏やかなインパクトをもたらす新聞広告
三日坊主が、ちょっとエライ理由
創業140周年の企業だからこそのメッセージ
いつも忙しい日本人に「サンデー」からメッセージ
3日連続出稿の新聞広告をつなぐと現れるものは?
「コドモのココロ」を大切に作った正月広告
仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?(この記事です)
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る