IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

穏やかなインパクトをもたらす新聞広告

講談社/元旦広告
「オオカミとヤギは親友になれた。ヒトとヒトは、どうですか?」

元旦の朝。こたつでのんびり新聞を開く。そこにはやっぱりネガティブなものより、前向きでハッピーなものがあってほしい。社会に物申すなら、誰かを傷つける発言や説教はちょっと違うかな、と。そう考えたとき、穏やかなインパクトといいますか。ショッキングな劇薬よりも、じわじわ優しく届く漢方薬のようなメッセージがふさわしいと思いました。強刺激なワードが飛び交うTwitter界でも、好意的に拡散されたのは予想外でしたが。
(CHERRY コピーライター 青木一真)

  • 企画制作/アサツー ディ・ケイ+CHERRY+クリエイターズグループMAC
  • CD/阿字地睦
  • C/青木一真、市島智
  • AD/増田総成、中戸健司
  • D/畠山祐介、伊藤孝成、宮脇杏珠
  • PR/藤澤慶一
  • I/あべ弘士
  • 製版+印刷/東京ニュース
  • AE/西澤秀明、町田悠至

UP TO WORKS の記事一覧

全国高校サッカー選手権を全力で応援する号外を発行
視覚を奪われた世界を表現するテレビCM、ラジオCM
穏やかなインパクトをもたらす新聞広告(この記事です)
三日坊主が、ちょっとエライ理由
創業140周年の企業だからこそのメッセージ
いつも忙しい日本人に「サンデー」からメッセージ
3日連続出稿の新聞広告をつなぐと現れるものは?
「コドモのココロ」を大切に作った正月広告
仕事について考える正月
Wikipedia?それとも広告?
来るべきは「女の時代」ではなく、「私の時代」
お正月の働き方改革に一石を投じる新聞広告
テーマは「嘘」、宝島社の企業広告
キャッチフレーズは「しばられるな」、ソフトバンクの音楽キャンペーン
五感を解放し、新しい「野性」へ向かうモーターサイクル
SNSで話題を集めた劇画 鬼平犯科帳25周年記念ポスター
「のけぞり肉まん」で、みんなが幸せになる
サンタ目線のクリスマスの夜
市川右團次演じる大臣が呟いた言葉
いまを生きる人に、メッセージを発信するクルマ
ポスターのコンセプトは「謎めいた美しさ」
74枚の新聞広告でつないだメッセージ
360度どこから見ても美しく見えるコートのインスタレーション
メイクの力を体現したメーキャップエンターテインメント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る