IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

アートギャラリーが販売する美術品としての「りんご」とは

秋田県/はとのもりんご

スパイラル「蒐集衆商」展での販売の様子。アートのようにりんごを展示。箱には生産者のサインとシリアルナンバーを書き入れて発送する。一箱8つ入りで、定価は5000円。

東京 青山のスパイラルで2017年12月に開催されたアートフェア「蒐集衆商」展。その中のとあるブースに「りんご」が売られていた。りんご?それとも本物さながらの美術作品?ともう一度見てみるが、紛れもなく本物のりんご。

販売を行う鳩ノ森美術代表の戸嶋一博さんによれば、このりんごは名産地として知られる秋田県増田町のもので、同ギャラリーで2017年より美術品のひとつとして扱っている。「はとのもりんご」の名で年限定500箱を販売し、箱には作者(生産者)のサインとシリアルナンバー入りで発送する。

「増田りんごの最高級サンふじは、一口食べればりんごの概念が変わるほど美味しいにもかかわらず、農協に卸すと十把一絡げで買いたたかれてしまいます。いいものには、いいものの価値づけをして販売したい。それは、アートでも、りんごでも同じです」 …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

インスタ映えを生んだ、強烈なビジュアル
創業時のストーリーをコピーに、15年ぶりのテレビCM展開
アートギャラリーが販売する美術品としての「りんご」とは(この記事です)
島と都市の「いいとこどり」の暮らしをアピール
乗り物での旅に感じる煩わしさを描き、フェリーの旅に誘う
街角の井戸端会議がCMの舞台
チャータータクシーで旅をシェアする新サービス
社員に扮したダンサーが施工現場で踊る
浅田真央と新潟米コシヒカリの日本代表級コラボレーション
観光農園が初めて取り組むブランディングCM
東京のローカル列車沿線の「生活名所」を紹介
地元密着企業だからこそできる 日常への「紛れ込み」
地域一丸でピンチを乗り越えた花火大会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る