IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

地元密着企業だからこそできる 日常への「紛れ込み」

愛知県/コーミ

CM「名古屋の王道『リコーダー』」篇、同「自転車」篇、同「ボトルキープ」篇。

東海圏で親しまれる調味料メーカーのコーミが、「コーミソース」のテレビCMを十数年ぶりに始めた。このCMでは、ランドセルを背負った小学生や自転車に乗る青年が登場し、ありふれた日常の風景が描かれる。しかし、よく見てみると実はさまざまな場所にコーミソースが紛れ込んでいる。ランドセルのサイドポケットや自転車のボトルホルダー、小料理屋のボトルキープ棚。そして最後に現れる、「名古屋の人ですね?」という問いかけで、コーミソースが地元で愛されるソースであることを表現した。

今回のCM展開は、コーミソースのリニューアルを機に実施された。東海圏で認知率は高いものの、地元ブランドとして全国商品と差別化できていなかったことが課題だった。そこで、「地元密着の企業だからこその表現を」と企画を進めた。担当した電通中部支社の尾崎敬久さんは「地元の人々に愛されすぎるがゆえ、意外な場所にコーミソースが紛れ込むという構成にしました」と話す。

普段よく目にする日常と商品が紛れ込む違和感のギャップがポイントで、シーンの選定を重視した。現実味が失われてしまわないように、あらゆる場所に商品を実際に置いて見え方を検証したという。

「名古屋の王道」というメッセージで「リコーダー」「自転車」「ボトルキープ」篇とシリーズ展開した3本の動画は、公開から1カ月で累計28万回再生を突破 ...

あと36%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

観光農園が初めて取り組むブランディングCM
東京のローカル列車沿線の「生活名所」を紹介
地元密着企業だからこそできる 日常への「紛れ込み」(この記事です)
地域一丸でピンチを乗り越えた花火大会
地元出身タレントの声をドキュメント収録
群馬の山奥に本気で海の家をオープン
銀山のマネキンが、「超地下アイドル」としてデビュー!?
UTY テレビ山梨に新たな『カラー』をつくる
「ラップ」で親子2世代にアプローチ
日常の中の「しあわせ色」を描く
次の50年に向けて企業の姿勢を明確化する
うちなー(沖縄)方言のヤンキーの日常をコミカルに描く
全国への温泉宅配で被災支援に「恩返し」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る