IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

インスタ映えを生んだ、強烈なビジュアル

青森県/一般社団法人 青森県りんご対策協議会

赤と黄のりんごの女王に扮したタレントの渡辺直美さん。

無数のりんごを頭につけたタレントの渡辺直美さんが、勢いよくりんごにかぶりつく様子を描いたムービーを展開するのは、一般社団法人 青森県りんご対策協議会だ。この展開は今年度で3年目を迎え、今回からWebでの公開に加えて台湾とのハーフである渡辺さんに関連して、台湾でCMが放映されている。

キャンペーンスタート時から担当する電通東日本の新川達也さんは「りんごといえば、いくつか産地がある中で、青森りんごをブランド化しつつ、若年層にアプローチすることが目的でした」と話す。渡辺さんを起用した初年度、衣装の写真を本人がInstagramに投稿したところ、その年の国内最多いいね数を獲得したことで話題となり、メディアを中心に注目されるキャンペーンとなっている。きっかけとなるヘアメイクは、光崎邦生さんが手がけている。

今年の展開からは、赤と黄の2パターンの衣装でビジュアルが制作されている。同社 アートディレクターの渡部祥子さんは「秋に収穫される青森を代表する黄色いりんごに、『トキ』という品種があります。今年はトキの認知向上もテーマだったので、赤と黄の2種類を制作しています。それを同時に展開するため、時期によって上下を逆さまにすることで、メインとなるりんごを変えることができる、トランプのクイーンをイメージしたビジュアルになっています」と話す。

また、よしもと興業とのタイアップとして実施されているこのキャンペーンでは、毎年4月に行われる沖縄国際映画祭への参加をゴールに、全国各地で芸人とともにサンプリングイベントを実施していく …

あと34%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

インスタ映えを生んだ、強烈なビジュアル(この記事です)
創業時のストーリーをコピーに、15年ぶりのテレビCM展開
アートギャラリーが販売する美術品としての「りんご」とは
島と都市の「いいとこどり」の暮らしをアピール
乗り物での旅に感じる煩わしさを描き、フェリーの旅に誘う
街角の井戸端会議がCMの舞台
チャータータクシーで旅をシェアする新サービス
社員に扮したダンサーが施工現場で踊る
浅田真央と新潟米コシヒカリの日本代表級コラボレーション
観光農園が初めて取り組むブランディングCM
東京のローカル列車沿線の「生活名所」を紹介
地元密着企業だからこそできる 日常への「紛れ込み」
地域一丸でピンチを乗り越えた花火大会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る