IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

創業時のストーリーをコピーに、15年ぶりのテレビCM展開

広島県/千福・三宅本店

15年ぶりに制作されたテレビCM。

2種類のコピー、3パターンの書体で制作されたポスターのひとつ。

広島・呉の日本酒メーカーである千福・三宅本店は、2017年12月に15年ぶりとなるCMの放映をスタートした。呉市在住の夫婦を起用し、「母を大事に。妻を大事に。それが広島の男じゃけぇ。」をメインコピーに展開している。

三宅本店は創業160年を超える老舗で、以前は「千福一杯いかがです♪」のサウンドロゴで西日本を中心にCMを展開していた。そうした伝統的なブランドを今に引き継いでいくために、一歩踏み込んだコミュニケーションを実施することが今回の目的だ。そもそも「千福」という日本酒は、初代の三宅清兵衛が「家庭を支える女性を称えたい」という思いから、母(フク)と妻(千登)の名前から1文字ずつ使用し「千福」を命名したことに始まっている …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

インスタ映えを生んだ、強烈なビジュアル
創業時のストーリーをコピーに、15年ぶりのテレビCM展開(この記事です)
アートギャラリーが販売する美術品としての「りんご」とは
島と都市の「いいとこどり」の暮らしをアピール
乗り物での旅に感じる煩わしさを描き、フェリーの旅に誘う
街角の井戸端会議がCMの舞台
チャータータクシーで旅をシェアする新サービス
社員に扮したダンサーが施工現場で踊る
浅田真央と新潟米コシヒカリの日本代表級コラボレーション
観光農園が初めて取り組むブランディングCM
東京のローカル列車沿線の「生活名所」を紹介
地元密着企業だからこそできる 日常への「紛れ込み」
地域一丸でピンチを乗り越えた花火大会

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る