IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べ

篠原誠×浜崎慎治「そのキャラクターで視聴者と『友だち』になれるか?au三太郎CMの舞台裏」

篠原 誠(電通) x 浜崎慎治

CM好感度ランキングで2年連続1 位を獲得しているauの「三太郎シリーズ」。このシリーズの制作でタッグを組んでいるプランナーの篠原誠さんとディレクターの浜崎慎治さんに、このCMの制作舞台裏について聞いた。

Photo : parade inc./amanagroup for BRAIN

監督を“当て書き”で企画したau三太郎のCM

篠原▶浜崎さんと最初に仕事をしたのは2009年のパイロットのCMですね。その後、2011年から家庭教師のトライ、2015年からauの三太郎を一緒にやって。

浜崎▶篠原さんには僕がまだTYOにいる頃に声をかけてもらって、パイロットはコレト、アクロボールからフリクションのCMまで続けて作りましたね。以降はコンスタントに仕事で組んでいます。でも、最初の頃の僕はCMを10本もつくっていなかったはず。実績も名もないディレクターをよく選んでもらえたなと思います。

篠原▶ 浜崎さんのリールには自主制作のCMが入っていたんですけど、そのCMを見て単純に面白いなって。うまく言えないですけど、「何かを持っている人だな」って感じたんですよ。作ったものには制作者の人そのものが出ますから。

浜崎▶実家の醤油屋のCMのことですね。

篠原▶僕は「持っている」と感じた人には一回仕事をお願いすることにしています。仕事をしてみて、浜崎さんは面白がるツボが僕と近いけど、僕よりもしつこいところがいいと思ったんです(笑)。しつこくない人って「なぜそこを詰めないの?」ってイライラしてしまうから。でも、浜崎さんの場合は全部やり切ったものが届くし、悩んだときは「どうかな?」と聞いてくれるので安心です。

浜崎▶悩んだ時は確認はしますね。このCMが上手くいかなかったら自分はこの先、仕事が来ないんじゃないかとドキドキしてやってますから(笑)。

篠原▶CMは流れる回数が多いから、つまらなかったら国際大会で(=皆が見ている大舞台で)空振りするようなものですもんね。そんなわけで ...

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べの記事一覧

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る