IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べ

「長い商品名」から生まれた人気の歌パート

日本コカ・コーラ からだすこやか茶W

俳優のモロ師岡さん、浅利陽介さんが「からだすこやか茶」「ダブル~♪」と最後に満面の笑顔で歌う。一風変わったメロディと相まって印象に残るトクホ飲料「からだすこやか茶W」はどのような経緯で生まれたのか。



「カツ丼」篇



「中華料理/カンフー」篇

当初の企画に歌パートはなかった

「からだすこやか茶W」は、脂肪と糖の吸収にダブルではたらくトクホ飲料。現在のシリーズになる前から同商品では「おいしいものは、脂肪と糖でできている。」というコピーをCMとグラフィックで展開しており、「食事の中の脂肪と糖を認識させる」ことを目的に展開してきた。回転ずしやラーメンの上に「脂」「糖」の白い2つの文字が重なるビジュアルを覚えている人も多いだろう。

そして今年新たなシリーズが登場。それが、俳優のモロ師岡さん、浅利陽介さんが刑事ドラマやカンフー映画のようなシーンの中で食事を美味しそうに食べ、最後に2人で商品名を耳に残るメロディで歌い上げる「カツ丼」篇、「中華料理/カンフー」篇の2つだ。文字を重ねて見せると …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べの記事一覧

拡散する時代 人を動かす表現はテレビCMに学べの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る