広告マーケティングの専門メディア

           

EDITOR'S PICK キャンペーン

店頭×SNS施策を連動し認知獲得から体感にまでつなげる

花王「Biore×INI まさつレスな泡で洗おう!」キャンペーン

メンバー11人の仲の良さに着目
ブランドアンバサダーに起用

花王のスキンケアブランド「ビオレ」は、グローバルボーイズグループ・INIをブランドアンバサダーとして起用。10月14日より「Biore×INI まさつレスな泡で洗おう!」キャンペーンを開始した。

「ビオレ」ブランドはINIを起用した「Biore×INI まさつレスな泡で洗おう!」キャンペーンを10月14日より開始した。

「ビオレ」ブランドでは今年4月に発売した「ビオレ ザ フェイス 泡洗顔料」や、8月にリニューアルを実施した「ビオレu ザ ボディ 泡タイプ ボディウォッシュ」など、「まさつレスな泡」で洗うスキンケアアイテムを提案してきた。この「まさつレスな泡」をより多くの人に知ってもらいたいとの思いから、同社はメンバー11人の仲が良く“まさつレス”である点でブランドと一致しているINIをアンバサダーに起用。そして今回、「ビオレ」には顔・体・手をまさつレスに洗えるアイテムが揃っていることを訴求する施策を実施するにあたり、INIメンバーの仲の良い様子と、商品の特性を掛け合わせ「まさつレスな僕ら」というコンセプトを開発したという。

「Biore×INI まさつレスな泡で洗おう!」キャンペーンでは、店頭やSNSを活用した大きく2つの施策を実施した。

店頭施策としてはマツモトキヨシ、ココカラファインと協力し、対象商品を2点購入するごとにINIメンバーの「オリジナルブロマイドカード」がプレゼントされるマストバイキャンペーンを実施。

Twitterではマストバイキャンペーンにより店頭で手に入れた「オリジナルブロマイドカード」「購入商品ひとつ」「泡」が写った写真を撮影し、「#まさつレスな僕ら」をつけてツイートすると、抽選でINIのライブチケットやプレゼントが当たる施策を行った。2回実施されたTwitterキャンペーンは、どちらもマストバイキャンペーンの参加者を対象としており、店頭とSNSでの施策を連動させている。

また、特設サイトでは今回のキャンペーンにおけるINIメンバーの撮影風景などを収めたメイキング動画や、メンバーごとの“推し商品”の紹介といったコンテンツが用意されている。

キャンペーン特設サイトでは、メンバーの“推し商品”も紹介されている。

「認知獲得」と「体感者数増加」2つを目的とした施策を実施

花王のヘルス&ビューティーケア事業部門...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する