広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2022年度の営業収入見通し テレビ、ラジオともに増収を予測

明石庸司

2021年度のテレビCM スポットが前例のない急回復に

在京各局からスポットセールスの活況が伝えられる中、民放連研究所は1月28日、恒例の「2022年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し」を発表した。地上波テレビ全社の2022年度営業収入は前年度比2.3%増、地上波ラジオ全社は同2.6%増と予測。新型コロナウイルス・オミクロン株による「第6波」の急速な感染拡大で先行きは見通せないものの、いずれも今年度に続き、増収を予測した。

2021年度はスポット収入が前例にない急回復(前年度比15.4%増)を見せた。デジタル関連の広告増加が寄与したものとみられる。2022年度もその動きは継続し、増加率は鈍化するもののテレビ全体や東名阪(2.3%増)、ローカル・ネットワーク局(2.1%増)、独立局(4.0%増)とも全てで増収が続くと予測した。

スポット収入は全体で3.7%増と堅調な伸びを維持し、ローカル局のスポット収入(2.7%増)も新型コロナウイルス影響前の2019年度の水準まで回復することを見込んだ。

一方、タイム収入(タイム電波料+制作収入)は2021年夏の東京、2022年2月の冬季北京オリンピック2大会の翌年度であることもあり、0.6%減と若干の減収に転じる見込みを示した。新型コロナの影響は残り、イベントなどについては回復するものの、完全復活には...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

広告業界と「メシ」、切っても切り離せないビジネスとの関係性とは?
雑誌の広告タイアップ記事の価値はどこに存在しているのか?
2021年下半期、新聞社発の情報が最も高まったのはどの瞬間だった?
2022年度の営業収入見通し テレビ、ラジオともに増収を予測(この記事です)
アフリカの広告業界事情<後編> 広告人の登竜門、「広告学校」って?
読者との交流には「安全」を、企業顧客とメディアには「柔軟性」を備えよ
減少続く発行部数、新聞離れにどう対応する?
2022年のNHK、インターネット活用に引き続き注力
アフリカの広告業界事情<前編> 「アナログを飛び越え、いきなりデジタルから始まった」
2022年、雑誌は「推し」を取り巻く『コミュニティービジネス』へと変化する
新聞各社のデジタル事業続々 経済情報に特化したサイトなどを展開
今年度、2回目のオリンピック放送 放送時間は前回の平昌大会と同等を予定
やっぱり会えるのが一番!AW NY 初のハイブリッド開催
国際雑誌連合が発表した最新レポート コロナ収束後に出版メディアが繁栄する5つの方向性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する