広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2021年下半期、新聞社発の情報が最も高まったのはどの瞬間だった?

宮浦 慎

自転車イベントの運営団体と協定 次世代研究者支援 記事執筆も

地方紙各社は新たな事業に取り組むにあたり、新聞社以外との連携を広げている。イベント運営団体との協定による観光振興や、研究機関との連携による研究者支援など、その内容は様々。地域貢献にさらに力を入れる各社の動きに焦点を当てたい。今回はまた、新聞、テレビ、インターネットについて普段と比べた接触の変化を毎日尋ねる日本新聞協会の「新聞オーディエンス調査365」について、2021年下半期の傾向を合わせて紹介する。

宮城県の河北新報社は2021年10月、自転車を使ったイベント運営を手掛ける一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン(東京都新宿区)と地域活性化に関する協定を結んだ。宮城県内でのイベント開催を通じ、観光振興を図る。協定の一環として、多賀城市と七ケ浜町の名所や名店を自転車で巡るイベントを開いた。

河北新報社は2013年から、東日本大震災で被災した沿岸部の復興支援を目的とした自転車イベント「ツール・ド・東北」を主催。運営をルーツに委託していた。イベントの開催地を県内各地に広げることで、交流人口を増やしたい考えだ。地域活性化や震災の風化防止につながるとみている。河北新報社は広報や自治体との折衝で強みを生かす。ルーツが新聞社と協定を結ぶのは初めて。

岩手県の岩手日報社は2021年11月、東京都三鷹市の国立天文台と次世代研究者の支援に向けた連携協定を結んだ。博士号を持つ研究者を雇用し、資金は折半する。国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)での研究の傍ら、科学分野の記事を書いてもらう。

任期は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

広告業界と「メシ」、切っても切り離せないビジネスとの関係性とは?
雑誌の広告タイアップ記事の価値はどこに存在しているのか?
2021年下半期、新聞社発の情報が最も高まったのはどの瞬間だった?(この記事です)
2022年度の営業収入見通し テレビ、ラジオともに増収を予測
アフリカの広告業界事情<後編> 広告人の登竜門、「広告学校」って?
読者との交流には「安全」を、企業顧客とメディアには「柔軟性」を備えよ
減少続く発行部数、新聞離れにどう対応する?
2022年のNHK、インターネット活用に引き続き注力
アフリカの広告業界事情<前編> 「アナログを飛び越え、いきなりデジタルから始まった」
2022年、雑誌は「推し」を取り巻く『コミュニティービジネス』へと変化する
新聞各社のデジタル事業続々 経済情報に特化したサイトなどを展開
今年度、2回目のオリンピック放送 放送時間は前回の平昌大会と同等を予定
やっぱり会えるのが一番!AW NY 初のハイブリッド開催
国際雑誌連合が発表した最新レポート コロナ収束後に出版メディアが繁栄する5つの方向性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する