広告マーケティングの専門メディア

広告企画

マーケターの課題、「SNSのリアルタイム分析」を解決するためには?

Talkwalker

Talkwalkerは、プロモーション領域だけでなく、ブランド保護や効果測定でも有効に活用できる。

マーケティングにおけるソーシャルメディアの活用に重点が置かれるようになった昨今、「SNS上で起こっていることが、リアルタイムで把握しきれていない」という声が多くあがっている。

本講演ではTalkwalkerの前岡愛氏、大広の越智稔氏、沖花智之氏の3名がSNS分析を通じたインサイト把握、アクションプランへの活用について解説した。

Talkwalkerは、SNSやオンラインメディア上で起きていることを、リアルタイムのデータで見ることができる分析ツールだ。AIを駆使した投稿内容のポジ・ネガ判別や全体の傾向把握・分析が可能。大広の両氏も、クライアント支援において重宝しているという。

「これまでは広告会社として、キャンペーンやイベント実施時のレポートでの活用が多かったが、最近は企業のSNSアカウント運用の仕事も増えている。コロナ禍のような変化が激しく、かつセンシティブな状況下では、企業の情報発信すべてにおいて、TalkwalkerでのSNS分析を通じて、世間で何がNGとされているのか、文脈や空気感などをふまえておくことが欠かせなくなっている」(沖花氏)。

通常認識しきれないような、特定のハッシュタグやブランド名「以外」でのオーガニック投稿も増加傾向にあるが、Talkwalkerはテキストだけでなく画像や動画データも認識できるため、把握することができる。これはBtoCだけでなく、BtoBでも企業のロゴなどが適切に使われているか、などのブランドマネジメントの側面からも有用である、と越智氏。

競合のアカウントとの比較も可能なダッシュボード機能を社内外のステークホルダーと共有することで、共通の認識・評価軸をもったうえで、中長期的にクライアントの成長に貢献できると両氏は語った。

広告企画 の記事一覧

5G時代の動画マーケティング、複雑化する動画管理の最適な解決策とは
マーケターの課題、「SNSのリアルタイム分析」を解決するためには?(この記事です)
成長するオウンドメディアにある2つ共通点とは?
ウィズコロナ時代、実店舗はどうあるべきなのか
流行のインフルエンサーマーケティング、成功の秘訣とは?
行動データ×意識データ、リサーチが後押しするデータマーケティング
日本のマーケティング施策に後れ 「多言語体験」提供で世界に追いつく
SNS時代に適したブランドメッセージの伝え方とは?
広告会社で培ったプロデュース力が武器 住宅業界に旋風を起こしたい
ロイヤル顧客は「育成」されない?キーワードは「エンゲージメント」
消費者に寄り添う「コンシューマーフィット」 SNS解析で、揺れ動く消費者の気持ちを理解
マーケティング活動にキャラクターを活用 3つのメリットに迫る
膨大化するデータの海に溺れないようにPDCAを高速回転するには?
検索意図を捉え、時代によって変化する「検索」環境に対応する
「応援型コミュニティ」に見るPtoCビジネスの可能性
人との出会いがキャリアの転機に 新しい視点を養うことが成長につながる
Spotify×宣伝会議「デジタル音声広告クリエイティブラボ」
地域の生活に寄り添うローカルメディア エリアマーケに新たな可能性
いま、企業に求められるのは高度なジェネラリスト人材
顧客の嗜好性データをマスマーケティングに生かす! UCCが始めたD2C事業の狙い
データの主導権は消費者の手に いま信頼される企業の条件
マーケターが目指すべき最終地点、それは「経営者」である。
GDPR対応のCIAMで消費者と良好な関係保ちつつ「個別化」が可能に
デジタル時代の新購買検討モデル 「バタフライ・サーキット」とは?
『農耕型』マーケティングで来場者数を拡大 ファン重視の「パ・リーグ戦略」は人口減時代のモデルケース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する