広告マーケティングの専門メディア

広告企画

SNS時代に適したブランドメッセージの伝え方とは?

ALPHABOAT

ALPHABOATの届ける「ソーシャル・エンターテイメント」とは、SNS時代に最適化したコンテンツを、ブランドメッセージとともに消費者へ伝える新しい概念。

コロナ禍では、リモートワークなど「密」を避ける動きが進み、以前より人と直接会うことは少なくなった。

この状況を受け、現在は「ライブ配信文化が形成され、個人のメディア化がより進行した」とALPHABOATのチーフエヴァンジェリストである堀野勝也氏は解説する。

ALPHABOATは、オンライン・オフラインにかかわらず、SNS時代に適したエンタメやコンテンツを、クライアントのブランドメッセージとともに消費者へ伝える新しい概念、「ソーシャル・エンターテイメント」を届けるストーリーテラーだ。BtoCの事例としてアーティストの生配信ライブなども手がける。同社がプロデュースしたAAAのSKY-HIのライブではYouTubeの同時接続数が2万を超え、Twitterでもトレンド入りしたという。

堀野氏は講演の中で、著名人やインフルエンサーのライブ配信がコンテンツ化する現代の動向について解説。動画配信プラットフォームの垣根が消え、「個人」というメディアからのコンテンツ発信に注目が集まる時代になっている、と自身の考えを述べた。

「今後の消費者とのコミュニケーションでは、消費者の琴線に触れるブランドメッセージを、配信プラットフォームの枠を超えたエンターテイメントの中でどう伝えていくのかが課題だ」(堀野氏)。ブランドのことを第一に考えるのではなく、「何を伝えるのか」「誰に発信してもらいたいのか」という、メッセージファーストの視点からブランドメッセージを発信することが大切だという。

ALPHABOATが届けるソーシャル・エンターテイメントの価値は、SNS時代に合う「コンテンツ」という形で、ブランドのメッセージを届けられるところにある、と講演を締めくくった。

    お問い合わせ

    ALPHABOAT合同会社
    E-MAIL:abpr@scdigital.co.jp

広告企画 の記事一覧

5G時代の動画マーケティング、複雑化する動画管理の最適な解決策とは
マーケターの課題、「SNSのリアルタイム分析」を解決するためには?
成長するオウンドメディアにある2つ共通点とは?
ウィズコロナ時代、実店舗はどうあるべきなのか
流行のインフルエンサーマーケティング、成功の秘訣とは?
行動データ×意識データ、リサーチが後押しするデータマーケティング
日本のマーケティング施策に後れ 「多言語体験」提供で世界に追いつく
SNS時代に適したブランドメッセージの伝え方とは?(この記事です)
広告会社で培ったプロデュース力が武器 住宅業界に旋風を起こしたい
ロイヤル顧客は「育成」されない?キーワードは「エンゲージメント」
消費者に寄り添う「コンシューマーフィット」 SNS解析で、揺れ動く消費者の気持ちを理解
マーケティング活動にキャラクターを活用 3つのメリットに迫る
膨大化するデータの海に溺れないようにPDCAを高速回転するには?
検索意図を捉え、時代によって変化する「検索」環境に対応する
「応援型コミュニティ」に見るPtoCビジネスの可能性
人との出会いがキャリアの転機に 新しい視点を養うことが成長につながる
Spotify×宣伝会議「デジタル音声広告クリエイティブラボ」
地域の生活に寄り添うローカルメディア エリアマーケに新たな可能性
いま、企業に求められるのは高度なジェネラリスト人材
顧客の嗜好性データをマスマーケティングに生かす! UCCが始めたD2C事業の狙い
データの主導権は消費者の手に いま信頼される企業の条件
マーケターが目指すべき最終地点、それは「経営者」である。
GDPR対応のCIAMで消費者と良好な関係保ちつつ「個別化」が可能に
デジタル時代の新購買検討モデル 「バタフライ・サーキット」とは?
『農耕型』マーケティングで来場者数を拡大 ファン重視の「パ・リーグ戦略」は人口減時代のモデルケース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する