広告マーケティングの専門メディア

広告企画

日本のマーケティング施策に後れ 「多言語体験」提供で世界に追いつく

Wovn Technologies

『Multilingual Experience 外国人戦略のためのWEB多言語化』Wovn TechnologiesはMXに関する書籍も出版している。

世界のインターネットユーザーは45億人を超えた。しかし、インターネットにおける日本語ユーザーは全体の3%にすぎないという統計結果が明らかになっているという。日本は、国内在留外国人が約300万人に達するなど、「外国人と共に働き、サービスを提供する時代」が到来している。そこで本講演では、Wovn Technologiesの小林弘佑氏が、日本において今後必要となる、外国人の顧客・従業員に対する多言語体験(MX:Multilingual Experience)について言及した。

外国人市場は大きく2つに分類される、と小林氏。

ひとつは「インターネットにおける外国人市場」だ。インターネット上の日本語ユーザーの比率について先述したが、世界の公用語と呼ばれる英語でさえも、利用率は全ユーザーの約25%であり、残りを非英語圏のユーザーが占めているという。このことから「インターネットの市場傾向は非英語圏にシフトしており、非英語圏のユーザーへ向けてのサービスを提供することが必要となっている」と小林氏は話す。

2つめは「母国以外に住む外国人」。現在、日本は世界で7番目に移民の多い国とされているが、日本は多言語化への移行が遅れており、日本に住む外国人に対しての顧客体験(CX)と従業員体験(EX)の提供にも影響が出ているという。

そこで小林氏は「多言語体験(MX)」の提供という新しい手段を提案。世界的に後れを取る日本の多言語化における課題解決につなげられるものとしている。「世界中の人が、すべてのデータに、母国語でアクセスできるようにする」というミッションも掲げ、多言語体験の重要性を語った。

    お問い合わせ

    Wovn Technologies 株式会社
    〒108-0073 東京都港区三田4丁目1番27号 FBR三田ビル801
    TEL:03-4405-9509
    E-MAIL:prtm@wovn.io
    URL:https://wovn.io/ja/

広告企画 の記事一覧

5G時代の動画マーケティング、複雑化する動画管理の最適な解決策とは
マーケターの課題、「SNSのリアルタイム分析」を解決するためには?
成長するオウンドメディアにある2つ共通点とは?
ウィズコロナ時代、実店舗はどうあるべきなのか
流行のインフルエンサーマーケティング、成功の秘訣とは?
行動データ×意識データ、リサーチが後押しするデータマーケティング
日本のマーケティング施策に後れ 「多言語体験」提供で世界に追いつく(この記事です)
SNS時代に適したブランドメッセージの伝え方とは?
広告会社で培ったプロデュース力が武器 住宅業界に旋風を起こしたい
ロイヤル顧客は「育成」されない?キーワードは「エンゲージメント」
消費者に寄り添う「コンシューマーフィット」 SNS解析で、揺れ動く消費者の気持ちを理解
マーケティング活動にキャラクターを活用 3つのメリットに迫る
膨大化するデータの海に溺れないようにPDCAを高速回転するには?
検索意図を捉え、時代によって変化する「検索」環境に対応する
「応援型コミュニティ」に見るPtoCビジネスの可能性
人との出会いがキャリアの転機に 新しい視点を養うことが成長につながる
Spotify×宣伝会議「デジタル音声広告クリエイティブラボ」
地域の生活に寄り添うローカルメディア エリアマーケに新たな可能性
いま、企業に求められるのは高度なジェネラリスト人材
顧客の嗜好性データをマスマーケティングに生かす! UCCが始めたD2C事業の狙い
データの主導権は消費者の手に いま信頼される企業の条件
マーケターが目指すべき最終地点、それは「経営者」である。
GDPR対応のCIAMで消費者と良好な関係保ちつつ「個別化」が可能に
デジタル時代の新購買検討モデル 「バタフライ・サーキット」とは?
『農耕型』マーケティングで来場者数を拡大 ファン重視の「パ・リーグ戦略」は人口減時代のモデルケース

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する